20代・30代の転職方法【仕事とは?】

スポンサーリンク
20代・30代の転職方法【仕事とは?】就職・転職

20代・30代・・・もしかしたらいくつになっても?

企業に勤めていると、季節の変わり目などでふと思うのが(このままでいいのかな?)
みたいな心境になったりする事が多い気がします。

ろんろん

わたしだけですか?(笑)

とはいえ、そんなことで転職を考えだすなんてもってのほかです。

ただかなりの割合でにこのような悩みを持つ方がいて、転職の意味を理解しないままに、転職してしまう前に読むべき内容なのでぜひ頭に入れておいて下さい。

スポンサーリンク

20代・30代の就活での理想と現実のギャップ

新入社員や中途採用の時もそうですが、
会社と自分の空気感があまりにも違うと、

働くにつれてすごく溝が広がり
もっとこうすればいいのに

とか心の中で思ったり

もっと自分はできるのに
っと考えだすときりがないですが、

見事にモチベーションがどんどん低下していき、
転職サイトとか検索しだしたりするんですよね。


入社当時はヤル気にみち溢れていたのに・・・なんて事はザラです。

ここで大事なのは、
当初からなんの目的があってその業界に入ったか?

なんの為にその会社に入ったか?を常に考えながら、
仕事をするといい方向に進める事ができます。

目的もなくただなんとなくその環境にいるのは危険です。

仕事の目的とは?

仕事の目的とは?

結論から言うと、その仕事が好きか嫌いか。

もしくは、お金のためにです。

1番重要なところだと思うのですが、
できてない人が圧倒的に多いし

わたしもできていなかったので、
ぜひこれは意識してほしいことなのです。


何回も言いますが、すごく好きで今の仕事をしている。

お金『生活のため』だけにしているかを意識できているかが、その後の人生にひびきます。


ここかなり重要なので強調します。

要は、

仕事をどう選んでいるか?ということです。


好きでその仕事をしているならそれは幸せな事だと思いますが、
お金『生活するため』だけに仕事をしている方のほうなのですが、

その業界(IT・金融・飲食)の年収や、
職種(製造現場・営業・経理)を調べて仕事選びしましたか?

わたしもそうだったので、偉そうには言えませんが

よく調べないで会社に入ってみたり、まあできそうかな?

ぐらいで決めてみたりだと・・・将来にひびきます!

すごく損することに・・・



お金の為だけに仕事を選ぶなら、金融業界が平均年収高いですよね?

他にも不動産業界IT業界といった業界が高いと言われています。


社会に出る時そんな大事なこと、誰も教えてくれなかったし、
調べもしなかったのは『痛恨の極みだとわたしは今感じています。


それだけが全てとは言わないですが、
生活の為に働いてもっと給料が欲しいと思ってしまうのは普通の事ですよね?

なのでスタートラインが違うと、得られる金額も変わってきますので

やはり、仕事をする目的・そこは意識していきたいところですよね。

目的と手段

仕事やビジネスは、もちろんすごく大事で生活する上でかかせません。

その上でお金はすごく大事なもので、あなたの命を守ってくれる道具です。

ただし!

お金を稼ぐことを目的にしては良くないですが、手段として取り入れてください。

ゆっくりで大丈夫なので、理解してください。

仕事は生活する上での手段として、目的にしてはいけないと言うことです。

転職の意味を理解し、転職するなら軸ずらし転職

具体的に言うと『飲食業界』の営業をしていて、
IT業界』の営業に転職するという事で、
業界を変えて年収を上げる為の転職活動を行うと言う事です。


年収というのはその人の優秀さより、
業界が儲かるかどうかでかなり変わるのです。

製造でも営業でも他社で通用できるレベルにまでなって、
儲かる業界に転職する方がいいでしょう。


なぜかというと・・業界も職種もずらさないで
手間だけをかけて転職したとしても
ただただ働く環境が変わるだけで年収は変わらないか、
ほんの少し変わるぐらいの
なんともいえない転職になります・・・

ろんろん

何回か経験アリです・・。

あと業界も職種もズラす転職だとわからない事だらけで、
自分の力が発揮できない状態が続いて、
精神的に病むか年収が低くなりがちです。

チャレンジする事はすごく大事なので、
20代・30代ぐらいまででチャレンジはしておきたいとこですね。

ただチャレンジ自体はすごくいいことなので、
いくつになってもチャレンジはしていきたいですね。

また今は時代が変化しだしているので、
いろいろ調べてみてもいいですね。


あと職場でどうしてもストレスがかかり過ぎて、
病みそうならすぐに環境を変えた方がいいでしょう。

仕事を長く続けていくうえで『健康が1番大事』ですし、
日本は働く場所や会社が溢れていますので、
まずは自分の事を大事にして人生をかけぬけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました