ads.txtをXserverで設定する方法【画像で解説】

ads.txtをXserverで設定する方法【画像で解説】ブログ関連

ブログを始めると、一度はチャレンジしたくなる事ありますよね・・・

んー記事を書くことかな?

うんうん。そうだね。

記事を書く・・・ってそれは当たり前だよ(笑)



答えは・・・

Google Adsense』の審査を受けてみたくなりますよね。

Google Adosenseとは・・・

Googleが提供しているコンテンツ連動型の広告配信サービス。

ようするに、自分のブログに広告を貼り付けて、読んでもらう・広告をクリックしてもらうとそこから収益が発生するというサービスです。


晴れて、Google Adsenseに合格すると、真っ先に設定しなければならないことがあります。

それが、ads.txtアズテキストの設定です。


ads.txtの設定方法をカンタンにまとめたので、画像付きで解説していきます。

スポンサーリンク

ads.txtをXserverで設定する方法

Google Adsenseに受かったら、うれしいっていう感情が、すぐに出てきますよね。

実際、わたしもそうでした(笑)


とはいえ、ads.txtはすぐに設定した方がいいので、わかりやすい方法を画像付きで解説していきますのでサクっと設定してくださいね。

XSERVERでWordPress使用での設定方法

まずは、Google Adsenseを開くと(もしくはググって)入ってみると、
adstxtアズテキストエラーが出ている状態になっているので、まずはads.txtエラーを直していきましょう。

①PCでの方法は、グーグルのアドセンスからアカウント情報に入る。

②サイト運営ID→pub-自分の番号になります。

③pub-の後の番号をメモ用紙や写メなどで控えておく。

④デスクトップなどで、右クリックで新規作成→テキストドキュメントを作る。

⑤テキストドキュメントを開き

google.com,pub-0000000000000000,DIRECT,f08c47fec0942fa0

⑥↑こちらをコピーし貼り付け、0000000000000000を消し③で控えていた番号を入れる。

XSERVERでWordPress使用での方法ステップ①


⑦名前を付けて保存でファイル名をads.txtにする。

⑧文字コードをUTF-8に選択し(デフォルトでUTF=8だとは思いますが)保存する。

XSERVERでWordPress使用での方法ステップ①



この時デスクトップなど自分でわかる場所に保存して下さい。後で必要になります。

最後の設定

①Xサーバーのインフォパネルに入ります。(サーバーパネルと間違えないように)

②ファイルマネージャーを開く。

XSERVERでWordPress使用での方法ステップ①


③FTPユーザーIDとパスワード入れてログインする。

現時点では、XサーバーのIDとパスワードでOK



④自分のブログのファイルをクリック

⑤pubilc,htmlのファイルをクリック

⑥右にあるファイル選択で先ほど作成したads.txtを選んでアップロードをクリック

XSERVERでWordPress使用での方法ステップ①


これで完了です。

反映には遅くて1~2日かかるみたいです。

おつかれさまでした。

以上で設定完了です。




とはいえ、ついついGoogle Adsense受かって、安心しすぎて放置なんてことはしないでくださいね。

Google Adsenseは受かってからが始まりになるので、これからが本番ということで長く険しい道のりですが、頑張って乗り越えていきましょう。

WordPressで困ったら見てみてね⇩

関連記事→2重線の消し方

コメント

タイトルとURLをコピーしました