銀行振り込み手数料が値上げでついに口座維持手数料も検討

スポンサーリンク
銀行振り込み手数料が値上げでついに口座維持手数料も検討ニュース

5年ほど前から銀行の雲行きが、怪しくなってきたのはご存知でしたか?

強引な融資でマンション経営をさせて、利益を得た銀行がニュースで取り上げられましたね。

それほど銀行はかつての栄光を失っていて、危機的状況なのです。

さらに現在はマイナス金利で、世界の銀行が悲鳴を上げているのです。

別の角度で言うと、金利以外でお金を増やしにくくなってきたのです・・・


さて。


銀行の話なんて関係ないと思っているあなた。

もうその考えでは、これから先の人生は豊かに暮らしてはいけないでしょう。

なぜって?


この瞬間に少しでも気になったらまだ大丈夫です。

それではお金の知識と考え方を改めていきましょう。

まずはサクッと手数料の解説です。

スポンサーリンク

手数料の改定

2020年5月1日、三菱UFJ銀行がATM手数料を改訂しました。

ファミリーマートに設置しているゆうちょ銀行ATMで、月曜日から金曜日の日中【8時45分から18時】までの手数料110円が198円に改定。

この時間以外と土日・祝日と12月31日から1月3日は220円から308円に改定。

毎月25日と月末日の日中手数料は、無料にそれ以外の時間は110円に改定。


イーネットATMも同じ内容です。


セブン銀行のATMで、月曜日から金曜日の日中【8時45分から18時】までの手数料110円が198円に改定。

この時間以外と土日・祝日と12月31日から1月3日は220円から330円に改定。

毎月25日と月末日はファミマと同じです。

ろんろん
ろんろん

要するに手数料が2倍ぐらいになるよ。ってこと。


 
これから各銀行のATMで手数料が改訂されていくのは必然ですね。

手数料を気にして無料を狙うのが普通ですが、みんな考えてることは同じなので、混雑は避けられない可能性があるので、マスクなどは必ず着用を。

もし貯金が少しでもあるなら、3ヶ月ぐらいの生活費は自分で保管しましょう。

お金のやり繰りをするのに、ATMでわざわざ行列に並ぶのは非効率です。

口座維持手数料が本格化?

りそな銀行では2年間取引がなく、残高1万円以下の口座を対象に年1200円の管理手数料を設けています。

なので他の銀行も大体月100円程度、年1200円ぐらいでの銀行口座維持手数料を検討するでしょう。

これを機に口座を1つか2つにまとめた方が管理しやすいかもしれませんね。

住宅ローン金利

住宅ローン金利

2020年5月に適用する住宅ローン金利を発表しました。

10年固定の金利商品

・三菱UFJ銀行が0.14%引き上げて0.79%

・三井住友銀行が0.15%引き上げて1.10%

・みずほ銀行が0.05%引き上げて0.85%

・三井住友信託銀行が0.10%引き上げて0.70%

・りそな銀行は据え置きで0.70%

お金の知識を持とう

外国では資産運用の話なんて世間話のように交わされます。

ですが、日本はいまだにお金・お金と言うと、ヤラシイだの汚いだのと空気を出しいて、ハッキリ言うと世界から遅れています。


お金はすごく大事なもので、あなたの命を守ってくれる道具です。

お金を稼ぐことを目的にしては良くないですが、手段として取り入れてください。

冒頭に出ました三菱UFJ銀行は約8000人削減する見通しです。

みずほフィナンシャルグループは約1万9千人の見通しです。

三井フィナンシャルグループは約5000分の業務量を削減と発表。
(三菱UFJ銀行は9500人の業務量を削減と発表していました)

そこにコロナウイルスの出現!

この人員削減は、コロナが出現する前に決まったことなんです。

コロナは一切関係なく、AIの導入により人員が削減されています。


これは100年に1度の大恐慌になりえるかもしれません。

そんな時代に直面し悲劇と捉えるか、挑戦と捉えるか。

波乱の令和時代の学びを、チカラに変えて生きていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました