勉強を習慣化するポイント【メリットを解説】

スポンサーリンク
勉強を習慣化するポイント【メリットを解説】スキルアップ

今このブログを書いてる時間は朝の5時55頃です。

2019年になってからですが朝活しています。

朝の5時30分に起きて勉強しています。

その後ジョギングして帰ってきたらまた勉強してから仕事に向かう。

最初はかなりハードだったな・・・

今はすっかり習慣になりアラームなしで起きれるまでになりました!




勉強って習慣にする事が難しいですよね?

最初はやる気スイッチONなのですが、時間が経つと段々めんどくさくなり明日やるってなってしまいがちです。

そうなると、人の意志は弱いモノでやらなくなってしまいます。


でも今の時代勉強しないと、取り残されてしまう気がしますよね?

今回は、そんな悩みや不安を取り除きましょう。


カンタンに悩みを解消するには、学ぶことです。

勉強を通して学ぶこと以外で、悩みや不安を解消する術って逆に何がありますか?

残念ながら、今のわたしには思いつきません。

ただ学ぶことで悩み、不安、ストレスは解消されました



なので、ぜひこの記事を読んで学びの習慣をつけていきましょう。

スポンサーリンク

勉強を習慣化するポイントは1人で学ぶことが大事


勉強とは基本的に1人でしたほうがいいものなのです。

1人の時間を確保し時間を捻出して取り組むべきです。


ただ中には1人より2人もしくは、数名で勉強したい。

なんて人もいるでしょうが、
変化をつける目的としては有効なんですが、

勉強の概念からいくと1人で静かに学ぶのが王道のスタイルです。

ただ音楽をかけながら勉強したいという方もいますよね。

そんな人に、歌詞のないようなBGMなら集中力は落ちないのですが、
歌詞があったりハードな感じの曲はさけましょう。

逆に創造力・クリエーティブな事をしたい時は、
ハードな曲や自分の好きな音楽でするのもいいでしょう。

学びを習慣化している成功者

成功者と呼ばれる人に共通している習慣があります。

それは『学びを習慣』にしていることです。

深掘りすると、『本を読む習慣』が共通してありました。

本を読むことで、知らない分野の知識を自分の分野に取り入れて応用していたのです。

勉強を習慣化する【 学ぶ意味】

勉強を習慣化する【 学ぶ意味】

人は意味のないことを続けることができないようにできています。

有名な拷問の話があるのですが、
人の業ではないので不快に感じる方は飛ばして下さい。



とある牢屋でのお話ですが、【2人の囚人】にバケツを持たせて、

1人のバケツには、大量の水をいれてもう1方はカラのバケツです。

銃を構えた看守が見張る中、看守の合図でカラのバケツを持ってる囚人の方に、
1滴も水をこぼさず慎重に移し替えます。

注ぎ終わると、今度はそれをこぼさず元に戻す。

という行為を永遠と繰り返すのです。

・・・

終わりがないのです。



ただ食事や睡眠、休憩はもちろんあたえられています。

この作業をしなければならないのが。

水をこぼしてしまったり、
作業を中止した時点で射殺されるのです。

だからやめるわけにはいきません。

まさに命懸け




来る日も来る日もただひたすらバケツリレーの毎日
最終的に囚人の取る行動は2つだけだったそうです。


1つは急に笑い出し笑いが止まらないグループ。

要は、精神に異常をきたしてしまったのです。

もう1つのグループはあえて作業をやめて
弾丸をうけることを選択したグループです。

言い方を変えると自殺を選んだのです。



つまりはこの悪魔の拷問からわかる事は、
『人間は意味のない事を継続できない』ということなんです。

勉強も意味を見出せなければ、
その場しのぎの勉強になってしまうのです。

それでは時間がもったいないですし、
せっかくの学びが楽しくできないのです。


わたしは学生時代、
テストで勉強した事なんて、ほとんどおぼえていません。

なんだったら「1192つくろう鎌倉幕府」ぐらいですね。

後はこれぽっちも思い出せないぐらいです。

学生時代のテスト勉強の内容なんてほぼ忘れてる(笑)

今ブログを読んでるくれているあなたはどうですか?

あれだけ学生時代に、一生懸命したテスト勉強は思い出せない事の方が多いと思います。

なので、まずは勉強する意味を見出すべきですね

インプットとアウトプットの時間

記憶とは

・とりあえず覚える『インプット』

・覚えたことを忘れずにいる『ワーキングメモリ』

・覚えたことを思い出す『アウトプット』

この覚えたことを忘れずにいることが、もっとも重要なポイントで自分で覚えたことを繰り返し思い出さないとすぐに忘れてしまうのです。

なので大事なのは、思い出す作業をするということなのですが、夜に思い出そうとしても1日の疲れが溜まっていて、効率があまりよくありません。

さらに夜の方が時間制限があまりないので、ダラダラとしてしまいがちです。

記憶は睡眠中に整理されるので、夜の方が覚える勉強をした方がイイですね。

なので夜に覚えるという勉強をして、朝に思い出すという勉強をすると効率がいいですよ。

有名な忘却曲線

『エビングハウスの忘却曲線』をご存じですか?

人は勉強や聞いた話でも1時間後には半分ほど忘れてしまって、1日後には7~8割ほど忘れてしまう生き物なのです。

ろんろん
ろんろん

最近読んだ本の内容説明できますか?

できる人の方が圧倒的に少ないはずです。

それは研究結果が明らかにしています。

なので、アウトプットを繰り返し行うことが重要なのです。

文字の色にも意味がある

覚えたいポイントや勉強の際は、青色の文字で書くと脳が覚えやすいですよ。

青色には鎮静効果があり、セロトニン『幸せホルモン』を分泌しストレスを軽減し、勉強を継続して行える効果があります。

勉強する意味を理解する

最後に勉強しながらなぜ自分は学んでいるのか?

という自問自答をし、意味づけの確認をする事が大事です。

なぜ学ぶのか?意味を見出すまでは、
学びながらでもいいので考え続けて下さい。

学ぶ意味を持つことから始めてみよう

きっと学ぶ事が楽しくなるでしょう。

どうしてもこの話も大事なので・・

健康が1番優先すべき課題であるという事は頭にいれ、
心に刻んでおいてくださいね。

最後になりますが、ジャンクフードはおいしいですがオススメできません。

勉強する意味を理解する

脳にあまりいい影響をあたえないといわれています。

本来人間が取れる栄養やエネルギー摂取量が
多すぎて処理しきれないのでほどほどにしましょう。

ちなみにわたしはかれこれ8年ほど摂取していません。

話がそれましたが、体によさそうな事から始めても、学びにつながりそうですね。

まずは自分が興味のあることから勉強していくのも学びを続けるポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました