【成功したい方へ】成功の法則は存在するのか?

【おすすめ本】成功する人間になる方法勉強

漠然と成功したい・・・と思ってはみるもののそんなカンタンには成功できない・・・

そこには必ず、ある共通点がありました。

今回はわかりやすくするために、ある本で解説していきます。

年間200冊の本を読むわたしが、衝撃を受けたスペンサー・ジョンソン氏の
チーズはどこへ消えた?

こちらをわかりやすくまとめ、この本から学ぶべき人生の教訓の話をしていきます。

この本の内容を知っているのと知らないのでは、成功できる可能性も変わってきます。

なので、成功を手にしたい方は知っておくべき内容なので、ぜひ確認しておきましょう。

この記事を読み終えた後に、
人生の岐路に立った時のことを思い出してみてくださいね。

スポンサーリンク

【チーズはどこへ消えた?】から成功の法則を学ぶ

「チーズはどこへ消えた?」には、
ネズミの【スニッフ】【スカリー】

小人の【ヘム】【ホー】
という2匹と2人のキャラクターが登場します。

快適で豊かな生活

彼らは大好きなチーズを見つけるために、毎日迷路の中を一生懸命探していました。

そんなある日、【チーズステーションC】という場所で山のようなチーズを見つけます。

大喜びした彼らは、「毎日ここでチーズを食べよう!」という生活を送ります。

快適で豊かな生活は永遠には続かない

快適で豊かな生活は永遠には続かない

長い間快適で楽しい生活は続きましたが、だんだんとチーズの数は減っていきました。

そして、ついにチーズはきれいさっぱりなくなります。



それを見てネズミの【スニッフ】と【スカリー】は、
ほかのチーズを探すためもう一度迷路の中へ入っていきました。


その一方で小人たちはというと、
パニックになり「チーズはどこへ消えたんだ!?」と怒り、今後どうすればいいのか途方にくれます。

人間の脳は現状維持バイアスが働く

現状維持でした。



チーズはいずれまた戻ってくるさ」と信じて、その場に残りました。

しかし、当然のことですが待てど暮らせどチーズは戻ってきません。

しだいに、二人は心身ともに疲れ果てていきます。

人生とは選択と決断の繰り返し

【ホー】チーズステーションCから出ることを決断するのです。

行動しなければチーズは手に入らない】ということに気づいたのです。




しかし臆病な【ヘム】は【ホー】にこのように言います。


迷路に出てチーズが見つからなかったらどうするんだ!それに外は危険だらけじゃないか。ここに待とうよ



それに対して【ホー】はこう言います。

「チーズは待っても戻ってこないさ。人生は進むだけだ、俺たちも進んでいこう」

そう言い残すと、迷路へ出発した【ホー】

成功の法則とは

成功の法則とは

変化をやめると待っているのは破滅だけで、生き残るためには「自分が変わるしかない!」ということを理解したのです。

現状に嘆くのではなく、『自分が変わるしかない』のです。


ダーウィンの進化論でも示しますが、大きい恐竜が絶滅して小さな人間が生き残れたのはなぜでしょう?

生き残ったのは人間ですよね?

なぜ人間が生き残れたのか?

生き残る者の定義が、

強い者でもなく、賢い者でもなく、変化に対応する者

なので、恐竜は変化に対応することができず、人間は変化に対応することができたので生き残ったのですね。

このことからわかるのは、現状に不安や不満があるのなら、それはすぐに自分を変えようというサインなのです。

ここに気づけるかどうかで成功する確率が変わります。

それでは、話の続きをします。



しかし、そんな【ホー】に大きな壁が立ちはだかります。

成功を邪魔するものとは

それは恐怖でした。




一歩迷路にでると、そこは今まで見たこともない場所でした。

そして【ホー】は目の前に広がる暗い道を見て、「危険が待っているかもしれない・・・」
っと恐怖におそわれ、その場に止まってしまいます。

しかし【ホー】はそんな自分を客観的に見ようとしました。

そして・・・「自分は恐怖によって悪いように考えているんだ。もし恐怖がなかったら自分はどうしているか?」と考えて前に進むことを決意します。

行動に移してみる

笑みを浮かべている自分に気づきました。

心を満たす何かを感じたのです。

【ホー】は不思議に思います。

「でもどうしてこんなに心が高揚するんだろう?チーズを見つけたわけでもないのに」


しばらくしてこの高揚感の理由がわかったのです。

そしておもむろに壁にこう書きます。

『恐怖をのりこえると楽な気持ちになる』

一番怖いのは、
何が起こるか想像しているとき。



そして、行動さえ起こせばそこには何もないことがわかったのです。

そんな【ホー】は意気揚々とチーズを探し道を進んで行くと、
新たなチーズステーションを見つけることができたのです。

行動しないと変化(発見)はない

新しい発見

新たなチーズステーションを発見した【ホー】ですが、中身は空っぽ、誰かが食べつくした後でした。

そしてまた一つ新たな教訓を学びました。

『古いチーズに見切りをつければ、それだけ早く新しいチーズが見つかる』



この時【ホー】は過去に囚われず、今に集中するようになっていました。

なので、「もっと早く探していれば・・・」と後悔することなくまた、探索を続けることにします。

前進を続ける【ホー】は、
ついにまた新たなチーズステーションを発見したのです。

そこには今まで見たこともない、山のように美味しそうなチーズが。

そしてそこにはネズミの【スニッフ】と【スカリー】が、美味しそうにチーズを食べていました。

しばらく茫然ぼうぜんとしていた【ホー】も、喜びがあふれ出し笑顔で二匹の元へ向かい、幸せに暮らしました。

成功法則のポイント

わかりやすく一言でまとめます。

『変化万歳!』



ここまでが、チーズはどこへ消えた?のまとめになります。

わたしは映画を見るような気分で読み進めることができて、とてもおもしろかったです。

あなたも楽しめましたか?

次はこの話からわたしが
学んだ人生の教訓をお話したいと思います。

この話がおもしろいと感じた方は、関連記事→成功法をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました