人と比べてしまい、つらい…【対処法は?】

人と比べてしまい、つらい…【対処法は?】ストレス


関西地方は今日から急に暖かく・・・いや、暑い!ってくらい日差しがきつかったです。


あと2週間もすれば新学期、新社会人としての生活が始まりますね。


あなたは集団生活は得意ですか?

それとも、集団の中で生活していると苦しくなりますか?


もし集団生活を辛く感じるならば、原因はつい【他人と自分を比較してしまう】からではないでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ他人と比べてしまうのか



学校・職場・SNS上にはたくさんの人が集まり、無意識の内に人と比べて、

  • あの人は羨ましいなぁ
  • あの人と比べて自分はなぜ〇〇なんだろう
  • 自分はこの人よりはマシ

こんな風に心の中で思っていませんか?

どれにせよ、いい感情ではありませんよね。

勝手に比較して勝手に落ち込む負のループ

コンプレックスを持っている人ほど、無意識のうちに他人と自分を比べてしまっています。


例えば職場ですと、同期と自分を比べてしまう。

どんなに小さなことでも同期に先を越されると気にしてしまい、いつしか会社での目標が『同期に追いつくこと』になりかねません。

成長スピードは人のそれぞれ


勉強でも仕事でも同じですが、『人が成長するスピード』は違います。


冷静な時は

『そんなこと当たり前でしょう』

と思えますが、相手を前にすると

『この人はもうこんな仕事を任されているのに自分は・・・』

とつい悩み、考え込んでしまいます。

ろんろん
ろんろん

焦ったり悩んだりするのも成長の過程には必要だけどね


成長するスピードはスタートダッシュを決める人もいれば、大器晩成型の人もいます。


そこに得意・不得意も絡んできます。


だからといって大器晩成型のタイプは成長するまでその感情と付き合っていけ、とは言いません。



他人と比べて落ち込んでしまう人は自分の成長に気づいていないから、という場合がほとんどです。

なので自分も成長しているんだと感じられるように工夫してみましょう。

成長メモで昨日の自分と比べる

自分に目に見えた成長を感じられない人はメモをする習慣をつけてください。


誰かに自慢できるようなことではなく、人に話せないくらい小さなことでもいいんです。


昨日と比べてできるようになったことを、どんどんメモにしていきましょう。

振り返って読んでみると自分の成長を実感できます。

成果がでにくい仕事の場合は

取り組んでいるものや仕事内容によっては成果が出るまでに時間がかかるものもあります。


このような場合は結果や成果ではなく、それまでのプロセス、途中経過での成功を書きましょう。


例えば営業の仕事だと大きな取引になるほど契約数をバンバンあげるのは難しいです。


なので例えば、契約が成立しなくても次に繋がりそうな経験ができたら、昨日よりも見込み客が増えたということで成功になります。



仕事の経過途中であっても自分は日々成長しているんだと感じてみてください。

努力によって人とくらべる自分とさよならしよう

自分が成長していると感じられると他人と比較しないようになります。


成長とは人と比べるものではなく、自分の中で感じるものです。

  • 緊張せず話せる先輩ができた
  • 取引先に名前を覚えてもらえていた
  • パソコン操作に手間取らなくなった
  • いつも挨拶だけの人と会話ができた

なんでもいいので昨日までできなかったことができたらメモに書き、成長を実感しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました