その無料の申し込み大丈夫?そのサービスはなぜ無料なのか?

その無料の申し込み大丈夫?そのサービスはなぜ無料なのか?勉強

先日、某家電メーカーで不愉快な出来事がありました。

わたしがレジで会計を済ませると、「少しだけいいですか?」と店員さんが勧めてきたことに対して起こった実体験をお話していきます。

いつの時代も『信用』が大事で、後出しじゃんけんなんて通用しないですよ。




今回のことを機に、わたしは悲しい思いと共に、これからは【アマゾンや楽天・ECサイト】でのみ電化製品を購入すると決意しました。

そもそもですが、値段を比較できるし、重たいモノ・軽いモノ全て家に届くし、ちゃんと保証も付いてるからもっとネットに慣れておけばイヤな思いしなくて済んだ・・・



わたしは、人と接する機会があるのと「大手の家電メーカー」と、いうことで心理的に安心できていたので、ショップに出向いていたのですが、その意味がなくなったのでこれからは【オンラインショッピング】に切り替えます。

そして、わたしの様な悲しい思いと、めんどくさい思いをしないで済むために、体験談を解説しますね。

スポンサーリンク

甘い無料案内という言葉

甘い無料案内という言葉

「無料でご招待」や「無料でポイントが付く」というサービスはよく耳にしますよね?

その中で今回はよくある『クレジットカードの入会』での出来事です。

もともとわたしは、楽天のクレジットカードだけを使用しています。




家電メーカーのクレジットカードを作る際、今なら年会費無料更新費用も無料。

さらに、「無料でポイント3,000ポイント入ります!」っと言われたので、普段なら断るのですが、「入会するだけで3,000ポイントも入るならいっか!」っと入会手続きをしたのですが・・

全ての項目を記入しデータをクレジットカード会社に送信した後に、あとからサッとポイントの話があったのですが、内容が全く違うのでした。(後述にくわしく記載)

なので、無料で何かを得る時には、必ず内容をキッチリとハッキリ再確認してから始めないといけません。

つい大手の企業だから大丈夫とか、キャンペーン中で無料だからと、人間の心理をついたマーケティング手法(戦略)だという事を頭に入れて、ショッピングをしなくてはいけませんね。

還元キャンペーンという名の罠

キャンペーン自体は何も悪くないのですが!


しかし!

この手のマーケティング手法はよくあります。

ただ表記の仕方や勧誘の方法があまりに悪い時に、問題が起こるのです。

今回はPOPの表記もさることながら、店員さんが「入会した時点でカードに3000ポイントが入る」というウソをついたのが問題なのです。

ろんろん

入会しただけで?と思ったので、ここはこちらからも再確認した上での出来事でした。



実際は入会手続きを終えた後、新しいクレジットカードで【期間内に買い物を1万円分して、1000ポイントが付く】という内容だったのです。

つまり、【3万円分の買い物をして3000ポイントが付く】という内容だったのです。


ん?


全く違いますよね?


なので、キャンペーンや何かサービスがある時は、必ず再確認をして下さい。

2回も確認すれば、お互い無駄な時間を使う必要がなくなる訳ですし。

無料でもなんでも入るのはこちら側なので、最低2回は確認しましょう。

もしよくわからないのなら、入らない方が無難ですね。

その時しかないキャンペーンって、ほとんどありませんよね?
(テレビ通販とかの今から30分だけ・・・とか)

あの手この手でキャンペーンを打ち出してくるので、焦らなくても大丈夫です。

個人情報を扱うとい責任と本当の責任者

個人情報を扱うとい責任と本当の責任者

わたしが、

内容が違うので、キャンセルしてください

と言うと、店員さんから驚きの一言が・・・

「もう登録したので、自宅にハガキが届き次第、クレジットカード会社に自分で電話して、解約して下さい」

っと。

何度か「本当にキャンセルできないのか?」と聞いても「もう情報を送信したのでできません」の一点張り。無理とすみませんしか言わなくなりました。

わたし・・大人の対応を見せようと思いましたが、仕方ありません。





わたしに応対した店員さんは『できない』の一点張りでしたが、本当にキャンセルできないのか?

ハッキリさせないといけないと思い、過大表記のPOPと店員さんの勧誘の悪さを指摘すると、店員さん自体に悪びれる様子もなく、「すみません。すみません。」のみの対応だったので、責任者を呼んでもらえますか?(穏便に言いました)と言うと、横にいた店員さんがまた「すみません。すみません。」の対応・・・

なんだ?チャット方式なのか?



「すみません」と言えばしのげると思う、この思考停止な感じ。

わたしの個人情報だけが、抜き取られるという事態に、「今すぐ店員さんの上司にあたる人を呼んで下さい」と言うとすぐ上司の方が出てきて、流れを20秒ほど話したらすぐにクレジットカード会社に電話してキャンセルし、わたしの個人情報は消してもらえました。

ろんろん
 

やっぱりキャンセルできるやーーーん!と心の中で突っ込んでました。

だって、クレジットカード会社の登録のシステム知ってたので。

ポイントは本当の責任者は誰か?ですね。

・アルバイトの人なのか?

・派遣社員なだけなのか?

社員なだけなのか?

・マネージャーなのか?

・エリアマネージャーなのか?

・代表取締役社長なのか?

 

つまりは、怒鳴り散らしても何も解決しないですし、何もことが運ばないのでことが運ぶように(ことが運べる人)と話すことがポイントです。

ちなみにすぐ上司が対応したと言う事は・・・

そう。

何回もあるという事です。


なので、以前よりさらに「自分の情報に細心の注意を払う時代になった」という事ですね。

自分の身は自分で守ろう

今回の様なケースは多いと思ったので、しっかりと頭に入れておいて下さい。


後で問題になって、ほったらかしにすると危ないですよ。

さらにめんどくさくなる事態に発展するので、ご注意ください。

まさか「わたしがこんな手に引っかかるなんて・・・」ですよ。

自分は大丈夫なんて思ってませんか?

大丈夫と思っていたとしても、確認をするクセを身につけましょう。

普段あまり確認するクセがないと、いざという時に確認を忘れがちになります。

わたしは今回の件を教訓にして、「世の中うまい話には必ず裏がある!」という事を再認識しました。

なので、あなたにも再認識して欲しくてこの記事をあげたので、某家電メーカーが悪いという内容ではないので、勘違いしないでくださいね。

【世の中うまい話には裏がある】という件でした。



ちなみに、あなたは【クレジットカードを進める理由】ってご存知ですか?

「え?現金かカードかの違いかな?」と思ってる方、損しない為にご確認を⇩







コメント

タイトルとURLをコピーしました