GoToイートキャンペーンってどう使うの?中身を詳しく解説【農林水産省】

GoToイートキャンペーンってどう使うの?中身を詳しく解説【農林水産省】ニュース

2020年7月21日、農林水産省は新型コロナウイルスで不況に立たされたサービス業を支援するため、GoToイートキャンペーンの委託先の公募を開始しました。

日本だけでなく、世界中が今だ新型コロナウイルスの感染が拡大する中、景気後退してしまった日本経済を政府があの手この手で経済を回そうとしています。

すでに開始されているGoToキャンペーンには「賛否両論」が飛び交っていますが、そんな中【GoToイートキャンペーン】が8月下旬にも開始されます。

農林水産省HP参照


サービス業の方にとってコロナウイルス対策の自粛活動は死活問題。

ですが、減った売り上げを取り戻せるかもしれないと、GoToイートキャンペーンの期待も高いようです。



なので、実際どうしたらGoToイートキャンペーンを利用できるのか解説していきますので、サービス業を盛り上げるため利用してみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

GoToイートキャンペーンってどう使うの?中身を詳しく解説

GoToイートキャンペーンの内容は、

・購入額に25%を上乗せする食事券の発行
(例えば、10,000円で12,500円の食事ができます)

・インターネットの予約サイト(オンライン予約)をして飲食店を利用すると、昼食で500円分、夕食で1,000円分のポイントが付きます。

GOTOイートキャンペーンってどう使うの?中身を詳しく解説
農林水産省HP参照

GoToイートキャンペーンは、お得なお食事券を買うってことだね。

おつりが出ないと記載されているので、うまいこと注文する必要があります。

キャンペーンが始まり次第確認した方がいいでしょう。

GOTOイートキャンペーンってどう使うの?中身を詳しく解説
農林水産省HP参照

GoToイートキャンペーンのオンライン予約のポイント付与分は、次回以降で割引として使えるようです。

さらに、宅配やテイクアウトについても食事券で支払いができる事が説明されました。

最近なにかと話題の宅配サービスのUberEatsや出前館なども対象になるのでしょう。

マクドナルドなどファーストフード店の宅配や、ガストなどファミリーレストランの宅配も対象になるのでしょう。

GoToキャンペーンってわかりにくい?

国が進める政策は、「国民全員」に投げるので何かしら理解しにくい部分も出てきますよね。

今回も結局サービスを提供したい(お店)側と、サービスを受けたい(個人)がGoToキャンペーンのシステムがよくわからないままキャンペーンが終わってしまう事態にもなりかねます。

もちろんGoToイートキャンペーンは、お店側も登録が必要ですし、国が定めたコロナ対策の基準をクリアしなければいけません。

GOTOキャンペーンってわかりにくい?
農林水産省HP参照



何もせずお店に立ち寄ったり、宅配を頼んだりしてもGoToイートキャンペーンのサービスは受けれません。


とはいえ、GoToキャンペーンを【税金】で行うのであればややこしいことはせず、わかりやすくサービス業を助けて経済を回すのなら・・・

サービス業の事業者対象に、税金をかけないとかの対策の方が利用しやすいよね?

・・・っと、愚痴ったところで何にもなりませんよね。

GoToイートキャンペーンの予算は2000憶円

2000憶円の予算が尽き次第、お食事券の購入は終了になります。

GoToイートキャンペーンのお食事券や取得したポイント自体は来年の3月まで使えるので、GoToイートキャンペーンが始まり次第『とりあえず買っておく』のもアリだと思います。



GoToキャンペーンはこちらに記載しています⇩

GoToキャンペーンは利用できる方は利用した方がいい

GoToイートキャンペーンはあなたの税金が使われている事業なので、日本に住んでるなら利用して参加した方がいいでしょう。

払った税金が還元されるチャンスです!

政府が勝手に行ってる・・・という意識は危険です。


コロナウイルスは、これまでの私たちの生活や常識を一変させました。

今後世界はどう変化し、コロナウイルスに対応していくのでしょうか?

わたしたちも環境に対応して、生きていかなければいけませんね。

まだまだ、コロナウイルスの脅威はひるまず外出が少し怖いですが、経済を止めるわけにはいきません。

GoToトラベルやGoToイートキャンペーンは経済を回す一環として始まるものなので、ぜひ参加できそうなところから始めてみましょう。


自分の住んでる国なので、わたしは知らないフリをするのはもうやめました。

なので、この記事を読んでくれているあなたも政治に参加してみてはいかがでしょうか。

政治に参加するというのは、難しく考えずにまずは選挙に行き投票するということです。

みんなで日本をよくしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました