パサパサ髪がちゅるん髪に!美容師おすすめのトリートメント

スポンサーリンク
パサパサ髪がちゅるん髪に!美容師おすすめのトリートメント美容と健康



美容室帰りの髪をキープしたい・・・。


元美容師のronronです。

美容室で仕上げた髪はサラサラで美しいですよね。


傷んだ髪を切ってせっかく綺麗にしても、時間が経つとまた毛先からパサパサに・・・。

(大事なキューティクルがボロボロだよ)

天使の輪をまた作りたい!


そこで紹介したいのが、温感生トリートメントの【Tricore(トリコレ)】です。

パサパサ髪がちゅるん髪に!美容師おすすめのトリートメント


あなたが今お使いのトリートメントの成分表を見てみてください。


成分表の一番始めに表示されているものが、一番割合が多く入っています。

大抵の商品が一番始めに『水』と書かれています。

グリセリンも成分表の上位に来ているはずです。

つまり!何が言いたいかというと、ほとんどのトリートメントが水と油でできているということです。

グリセリン(油)をつけたら、そりゃぁ髪は一時的につるつるになりますよね。

しかし、油を付けただけでは髪自身が綺麗にはなりません。

【Tricore(トリコレ)】は成分の90%が美容成分になります。

  • 傷みが酷くて髪がもしゃもしゃする
  • カラーをしたいけどこれ以上傷めたくない
  • ツヤがない
  • 髪がぱさぱさで手ぐしが通らない
  • うねりがある
  • 美容室帰りの綺麗な髪をキープしたい!

Tricore(トリコレ)1本でヘッドスパ・トリートメント・ヒートプロテクト(ドライヤーなの熱でキューティクルを閉じる)ができるので、髪は綺麗にしたいけど、毎日時間をかけてケアするのは無理!という方にぴったりです。


本記事ではTricore(トリコレ)の3つの美髪になれる理由を紹介します。

\初回40%OFF/

スポンサーリンク

美髪になるための3つの理由

Tricore(トリコレ)は1本で髪の内側と外側の両方をケアができます。

オイルやシリコンなどを使った一時的なケアではなく、髪自体をしっかりと補修してくれます。

傷んだ内部を集中的に補修する

アミノ酸とたんぱく質は髪の毛の主な成分です。

アミノ酸・・・
 細かいところまで入り込んで傷みを補修

たんぱく質・・・
 しっかりと髪と結びつき、広範囲に補修


そのアミノ酸を17種類、たんぱく質を5種類配合し髪の補修を可能にしています。

毛根まで浸透する生トリートメント

美髪になるための3つの理由

Tricore(トリコレ)はトリートメント容器から出したときはサラサラの液体です。

クリームではなく、液体なので素早く髪、毛根にまで栄養がしみこみます。

熱を感知することでクリーム状になり、髪の毛一本一本に栄養のクリームを密着させます。

ドライヤーの熱で栄養を閉じ込める

ドライヤーの熱でキューティクルを閉じ、髪からうるおいを逃がさない成分『γ-ドコサラクトン』配合。

さらに乾燥を防ぐことで、髪のうねりを予防します。


『γ-ドコサラクトン』とは『エルカラクトン』とも呼ばれ、髪のアンチエイジング成分とも言われています。

  • 加齢
  • 紫外線
  • ドライヤー

これらが理由で傷んだ髪を補修してくれる働きをします。

トリートメントを選ぶときは、『γ-ドコサラクトン』が入っているか確認するといいでしょう。

\初回40%OFF/

ヘッドスパで頭皮にまで栄養をチャージ

ボタニカルエキスで頭皮を整え、サリチル酸で頭皮に潤いを与えてくれます。

頭皮が乾燥していると、フケや臭いの元になります。

ボタニカルエキスとは・・・
 植物から抽出したエキスのことで、100%天然成分なのでもちろん体に害はありません。

ヘッドスパは頭皮にはもちろんいいけど、リラックス効果もあってストレスの解消にもなるよ。

頭皮をマッサージすることで顔も引き締まり、美容・美肌効果『大』です!

髪は女の命、といいますが・・・。

綺麗な服を着ても、ばっちりお化粧をしても、髪がボサボサだと台無しですよね。

Tricore(トリコレ)は傷んだ髪を効果的に補修して、熱でキューティクルを閉じて雨でもなめらかな指通りの髪に整えてくれます。

モテ髪の伝道師と呼ばれる現役美容師の義永 大悟さんもTricore(トリコレ)を絶賛しています。

髪は女の命、といいますが・・・。



男性でも女性でも、いい香りのする触りたくなるような髪に憧れますよね。

これから夏本番、髪も日焼けして普段以上に髪がパサつき乾燥します。

Tricore(トリコレ)で毛先までちゅるんとするを作ってみませんか?

\初回40%OFF/

ronronblogのトップへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました