ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選

あなたはホットプレートをどのような料理に使っていますか?


お好み焼き?

たこ焼き?

焼きそば?

焼肉?


もしこれだけならもったいない!

関西テレビで放送中の南海キャンディーズの山里さんの番組『土曜はナニする!?』で放送された、今日からホットプレートを使いたくなるレシピを紹介しています。

本記事では以下の2つをくわしく載せています。

・料理家黄川田としえさんオススメのホットプレートレシピ
・ホットプレート料理を成功させつ2つの秘訣
・ホットプレートで調理する4つのメリット
・黄川田としえさんってどんな人?

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選

黄川田としえさんに本日教えてもらうホットプレートレシピはこちら⇩

・本格ボロネーゼパスタ
・あつあつトロトロかに玉あんかけ
・おうちで絶品チーズタッカルビ
・タコ焼き機で!えびシューマイ
・なめらか食感の濃厚蒸しプリン

amazonで黄川田さんのレシピ本を見る

茹でない!本格ボロネーゼパスタ

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選

お鍋もフライパンも使わない!ゴロっとしたお肉のうまみと、コクのあるトマトソースが絶品のホットプレートひとつで作れちゃうボロネーゼパスタです。

■材料

スパゲッティ・・・・・360g(7分ゆで・1.6mm)
合いびき肉・・・・・・300g
玉ねぎ・・・・・・・・1/3個
にんにく・・・・・・・ひとかけ
オリーブオイル・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・100ml
セロリ・・・・・・・・1/2本
白ワイン・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・小さじ1
黒コショウ・・・・・・少々
粉チーズ・・・・・・・お好みで

ソース

トマト缶(カット)・・400g
ローリエ・・・・・・・1枚
水・・・・・・・・・・600ml

白ワインの代わりに酒を代用してもOKです。

作り方①

にんにくをみじん切りに。
玉ねぎ・セロリは粗みじんにカットする。

作り方②

合いびき肉に塩・黒コショウ・白ワインをもみこむ。

作り方③

ホットプレートが冷たい状態で玉ねぎ・セロリ・合いびき肉を並べたらフタをします。
温度を140度に設定し7分加熱する。

作り方④

7分経ったらフタを取り、トマト缶・水(600ml)・ローリエを加え、スパゲッティがひたるように入れる。

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選

スパゲッティが長く、ホットプレートに入らない場合は2つに折って入れましょう。
作り方⑤

フタをして5分加熱したら、水(適量)を加えながら、スパゲッティがプレートにくっつかないようにをほぐし、再度フタをして3分加熱する。

作り方⑥

汁気をとばすように全体を混ぜ、お好みで粉チーズ・パセリを振りかけて完成です。

家族全員分を一気に完成!あつあつトロトロかに玉あんかけごはん

フライパンで作る場合は卵を焼くあんを作るごはんを盛りつけるを別々にしなければいけませんが、ホットプレートならこれひとつで全行程を行えます!

洗い物も減るし、ドーン!と出せば豪華に見えて家族も喜ぶでしょう。

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選
■材料

ごはん・・・・・・・・800g
かにかま・・・・・・・150g
たまご・・・・・・・・8個
しいたけ・・・・・・・4個
ねぎ・・・・・・・・・1/2個
ごま油・・・・・・・・大さじ2
サラダ油・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・少々

あんかけ

鶏ガラスープ・・・・・200ml
砂糖・酢・ごま油・・・小さじ1づつ
しょうゆ・・・・・・・大さじ1
片栗粉・・・・・・・・小さじ2

ごはんは冷やごはんでもOKです。
作り方①
ほぐしたかにかま・たまご・塩をボウルに入れ、しっかりと混ぜ合わせる。

しいたけ・ねぎは薄切りにしておく。

加熱前のホットプレートにサラダ油をひく。

作り方②
ごはんをホットプレートのまわりに敷きつめる様に、土手状にのせる。
ごはんを温めながら中央のスペースで調理ができる。
作り方③
空いている中央スペースにごま油をひき、しいたけ・ねぎを入れ、フタをして140度で5分加熱をする。
作り方④
フタを取り、中央に溶き卵を流し、半熟になるまで加熱して、ごはんの上に移動させ再び中央にスペースを作る。
ごはんの上にたまごを移動させることで、半熟状態が保てる。
作り方⑤
鶏ガラスープ・しょうゆ・片栗粉・砂糖・酢・ごま油を混ぜ合わせ、中央のスペースであんを作れば、かに玉あんかけの完成です!
 
 
 

おうちで絶品!チーズタッカルビ

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選


お店で食べるイメージのあるチーズタッカルビですが、ホットプレートを使えば家で簡単に作ることができます!

自分で調理するので辛さの調節ができるのも嬉しいポイントです。

■材料

鶏もも肉・・・・・・600g
玉ねぎ・・・・・・・1個
キャベツ・・・・・・250g(1/4弱)
とろけるチーズ・・・150g
ごま油・・・・・・・大さじ2

タレ

みそ・・・・・・・・大さじ3
しょうゆ・砂糖・・・大さじ1
おろししょうが・・・1かけ
おろしにんにく・・・1かけ

作り方①
鶏肉にみそ・しょうゆ・おろししょうが・にんにくを入れてもみ込み、15分常温で置く。

野菜を1口大にカットしておく。

作り方②
加熱前のホットプレートにごま油・鶏肉・野菜を乗せフタをして140度で10分加熱する。
作り方③
フタを取り、鶏肉を裏返して、温度を180度に上げて全体を混ぜ合わせる。
作り方④
野菜と鶏肉を左右に分けて、空いた真ん中にチーズを入れ、チーズが溶けるとチーズタッカルビの完成です。

左右で分けているので、半分をお子さんや辛いのが苦手な人用にそのまま、半分は辛味が欲しい人用にコチュジャンや豆板醤で辛味をプラスしましょう。
レシピでは鶏肉を使いましたが、お好みで豚肉や牛肉でもOKです。
 
ろんろん
チーズタッカルビ作りました!

ホント、お店で食べたチーズタッカルビと遜色ないクオリティで驚きました。

ざくざく適当~に野菜を切って、ホットプレートに放り込んでフタして調理なんで簡単簡単♪

もらった野菜があったので、書かれている材料以外にナス・にんじん・ピーマン・もやしを入れて野菜マシマシで食べたけど美味しかったです!

ホットプレートの保温のおかげで最後までチーズがトロトロなので、野菜もたっぷり食べることができました。

わたしはコチュジャンを入れましたが、辛味が欲しい場合は豆板醤を入れることをオススメします。

タコ焼きプレートで!えびシューマイ

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選


えびシューマイって家で作ったこと、ありますか?
包むのがめんどうそう・・・と想像の段階で料理の選択肢から外れます(笑)

しかしホットプレートのタコ焼きプレートで作るえびシューマイは包まなくてもいいんです!

■材料

むきえび・・・・・・220g
豚ひき肉・・・・・・150g
玉ねぎ・・・・・・・1/4個
パクチー・・・・・・5本
シューマイの皮・・・30枚
水・・・・・・・・・大さじ2
片栗粉・・・・・・・小さじ2
酒・ごま油・・・・・小さじ1
ナンプラー・・・・・小さじ1/2
おろししょうが・・・1かけ
サラダ油・・・・・・少々

作り方①
えび・ひき肉・玉ねぎ・パクチー・ナンプラー・片栗粉・酒・ごま油・おろししょうがをフードプロセッサーにかける。
フードプロセッサーをお持ちでない場合は、えび・野菜を細かく刻んでボウルなどで混ぜ合わせます。
作り方②
たこ焼きプレートにサラダ油をひき、シューマイの皮を置いていく。
作り方③
シューマイの皮を置いたら、その上に具をのせていく。

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選

作り方④

たこ焼きプレートの温度を180度に設定し、水をふりかけてフタをして10分加熱すればえびシューマイの完成です。

パクチーが苦手な場合は大葉を使って和テイストなえびシューマイでも美味しいですよ♪

なめらか食感の濃厚蒸しプリン

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選
■材料

たまご・・・・・4個
牛乳・・・・・・280ml
生クリーム・・・200ml
砂糖・・・・・・100g

シロップ

砂糖・・・大さじ2
熱湯・・・大さじ2

作り方①
ボウルにたまご・砂糖を入れ軽く混ぜ合わせる。
作り方②
牛乳・生クリームを加え、滑らかなプリンに仕上げるため、泡立てないように混ぜる。
作り方③
ホウロウまたはアルミのバットに茶こしでこしながらプリン液を入れる。
作り方④
水分が飛ばないよう容器にアルミホイルをかぶせ、熱湯を容器の半分くらいまで注ぎ、フタをして保温で20分放置するとプリンの完成です。
保温で火が通らない場合は140度の低温で調理しましょう。
 

ホットプレート料理を成功させる2つの秘訣

食材を乗せるときは冷たい状態で

みんながやりがちなホットプレートを加熱してから食材を乗せるのはNGです。

加熱前のプレートに食材を乗せることで、油ハネや食材の焼きムラを防ぐためです。

また、低温からじっくり調理することで食材のうまみを閉じ込められます。

140度を駆使することで料理上手になれる

ホットプレートの140度はガスコンロで例えると弱火状態にあたります。

ガスの弱火にあたる140度の状態で加熱をすると、食材の水分を程よく飛ばしながら加熱をし、野菜の旨味や甘みを引き出すので、美味しい料理ができあがります。

ホットプレートで調理する4つのメリット

じつはホットプレートって物凄いポテンシャルを秘めているのはご存知ですか?

ホットプレートには料理をする方にも、食べる方にもたくさんのメリットがあります。

料理が苦手でも失敗しづらい

ホットプレートは材料をさえ揃えれば後の調理は簡単なので料理が苦手な方・初心者の方でも成功します!

出来立てホヤホヤを食べられる

ホットプレートには保温機能がついているので、出来立てのアツアツをそのまま食べられます!

 
ろんろん
盛りつけたり、運んだり、なんやかんやしていると調理している人のごはんは冷めてしまいがち・・・。

家族や友人で楽しく調理ができる

火を直接使わないので、お子さんと一緒に調理するのも安心してできます。

大きなプレートで家族や友人とみんなで調理すれば、作っている時間も楽しめます。

洗い物が少なく済む

ホットプレートだけで調理が完結するので、洗い物が少なくて済むのも大きなメリットです。

黄川田としえさんってどんな人?

黄川田としえさんってどんな人?
出典:黄川田としえオフィシャルHP

ホットプレートを使ったレシピを教えてくれるのは、料理家・フードスタイリストとして活躍している黄川田としえさんです。

今年の9月にレシピ本も出版されていて、テレビCMの料理レシピなども手掛けている今話題の人です。

amazonでホットプレートのレシピ本を見る


■関連記事はコチラをクリック⇩
【ZIP!】うまいもんジャーニー:クリームボックスの作り方
8分以内で!電子レンジだけで調理できる3つのメインおかず

ホットプレートでかんたん映えおいしい!ホットプレートレシピ5選
最新情報をチェックしよう!