『自分が嫌い』嫌な自分を手放し、自己肯定感を高める方法

『自分が嫌い』嫌な自分を手放し、自己肯定感を高める方法

  • 2021年4月16日
  • 2021年5月29日
  • 心理学

「すみません」
「私ってバカだから・・・」


誤ったり、自分をへり下すようなことが口癖になっていませんか?

このような言葉を繰り返し口にしていると、もともとの自己否定感がさらに強化され、『自己否定する自分はダメな人間だ』と二重に自分を否定してしまうことになります。

否定的な口癖に気づいたら、その都度修正していく必要があります。

『自分が嫌い』嫌な自分を手放し、自己肯定感を高める方法

自分が嫌いな人は、他人のことも好きになれないと言われています。

この人イヤだな・・・」という思いは、声に出さなくても必ず相手に伝わるので(これをエコー効果といいます)、人間関係がますますこじれていきます。

その結果「どうして私はいつもこうなんだろう・・・」「また間違ってしまった・・・」と、自己否定のループから抜け出せなくなります。


じつは、自己否定は成人特有の悩みなんです。

何かに失敗したり、上手くいかないと、「自分の性格が悪いからだ」「自分に能力がないせいだ」と自分を責め始めるのです。

一方子どもは、逆上がりが上手にできないからって「自分はダメな子だ・・・」なんて落ち込みませんよね?

大人と子どもでは何が違うのかと言うと、認知の仕方が違うんです。

まずは認知のゆがみを訂正し、『自分が嫌い』から抜け出す

認知とは『ものの見方』のことで、ある出来事を失敗と受け取るか、経験と受け取るか、はたまた成功と受け取るか?

電球を作った、発明王と呼ばれているトーマス・エジソンは電球の開発を成功させるまでに2万回の試行がありました。

しかし、エジソンは実験結果が思わしくないときも『失敗した』とは考えず「うまくいかない方法がまたわかった!」と言っていたんです。

そんなエジソンは大変な自信家で、自己肯定感のかたまりのような人でした。


自己否定の強い人は、自分の性格や過去の経験をネガティブにとらえ、マイナス面ばかりに注目しています。

そもそも人間の脳は『うれしい記憶よりイヤな記憶が残りやすい』という性質(心理学ではネガティブバイアスといいます)をもっているので、意図的に認知を変える必要があります。

そのためには、まず自分のイヤなところを洗いざらい紙に書き出します。

次に、そのリストを別の表現に書き換えていきます。

たとえば・・・

鈍感→余計なことに気づいて傷つかない
ガサツ→器が大きい
友達が少ない→親友はいる
上手く話せない→聞き上手
臆病な性格→慎重な性格
優柔不断→思慮深い
どうですか?

自分が欠点だと思っていたところも、いいように書き換えていくと「なんとかなるかも・・・?」と思えて来ませんか?

 
■オンラインカウンセリングでは、専門家がネガティブな感情の変え方を一緒に考えてくれます。
【1人で悩まないで!】映画や美容室に行く感覚でカウンセリングを利用しよう♪

思い返せばなんてことない、ということもある

ここで大切なのは、頭の中だけで考えず、実際に手を動かして『紙に書く』ことなんです。

頭の中にあるものは習慣的なものなので、考えているだけだと同じことの繰り返しになってしまうからです。

文字にして頭の外に出すことで、客観的な考えができるようになります。


悩みを紙に書く以外にも、日記をつけるのもいいでしょう。

日記の内容はポジティブなものでも、ネガティブなものでもかまいません。

思いつくまま書き出し、あとで整理します。

日にちを置いてから読み返してみると、「なんでこんなことで落ち込んでいたんだろう・・・」と思うことがたくさんあるはずです。

■つい人と比べてしまう人に読んでほしい話
人はなぜ他人と比べてしまうのか?【心理学で対処する方法】
■紙に書き出すことは世界的営業マンもやっているビジネススキルに繋がる!
思考能力を身につける方法
『自分が嫌い』嫌な自分を手放し、自己肯定感を高める方法
最新情報をチェックしよう!