怒りをアンガーマネジメントで断ち切ろう【イライラしなくなるポイント】

怒りをアンガーマネジメントで断ち切ろう【イライラしなくなるポイント】ストレス
ろんろん

日本アンガーマネジメント協会の研修を受けてきました。


イライラしなくなるポイントが、とても良かったので皆さんにも私が学んだ知識を発信したいと思います。

今回のイライラしないための『アンガーマネジメント』研修には様々な年代の方がいましたし、男女差はさほどなく半々といった感じでした。

企業で研修を受けに来てる人も居たので、ためになると感じたので解説していきます。

スポンサーリンク

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは怒らないということではありません。

怒る必要のあることは上手に怒り、怒る必要のないことは怒らないようになることです。



アメリカでは1970年代から始まっており、始めは刑事事件を起こした人などに対して行われていましたが、テロ事件などをきっかけに様々な人が受けるようになりました。

日本に入ってきたのは2011年とまだまだ歴史は浅いですが、始めは年間受講者800人だったのが今では年間2万人にまで広がっています。

アンガーマネジメントを学べばただ、怒りをコントロールできるだけではなく、コミュニケーション能力も上がります。

怒りとは

怒りとは

人間の感情表現の1つである。

怒りがない人はいないし、なくすことも不可能。

怒りの役割って?

怒りとは『身を守る為の防衛感情』である。

例えば、車を運転していると急に人が飛び出すとします。(危ない!!)って思い止まるなり、曲がるなりしますよね。

これも怒りの感情だそうです。

私はこれを聞いてこの感情も怒りに属するものなんだと知りました

自分の身を守る為にとっさに考えます。それは頭で考えるのではなく反射的に考えてしまう。

そういうときに発動する感情です。

問題となる怒りには4つある

① 【怒りの感度が高い】 小さなことでも激昂する、強く怒りすぎる

急に怒りだすかもしれない・・・そんな人にはわざわざ近寄りたいとは思わないですよね。

そうなるとその人には必要な情報が入りづらくなりますよね。

こんなこと言って怒りだしたらどうしよう・・・。

そうなるくらいなら近づかない方がいいな、と思われしまいます。

人に自分が怒っていると伝える言葉をいくつ言えますか?

あほ・ぼけ・かすなんて言葉は怒りを表す言葉に入りません。それは人を侮辱する言葉になります。

私が挙げた言葉は

・怒っているよ

・今は近寄らないで

・話したくない

・イライラする

などでした。


アンガーマネジメント研修の参加者が挙げた言葉の一部も紹介します。

・ちくしょう

・情けない

・腹が立つ

・許せない

・むかつく

などでした。

この怒りを伝える言葉の数が少ないと、きつい言葉しか相手に言えず、怒りっぽい人だなぁと思われてしまいます。

②【持続性がある】 根に持ったり、思い出し怒りをする

問題となる怒りには4つある

いつまでも根に持っているといつかその怒りは恨みへと変貌します。

自分の中で寝たら忘れよう、1日経ったらもう思い出さないようにしようなどと決めて、なるべく思い出し怒りをしないようにしましょう。

③【短気・頻度が多い】すぐイライラする、カチンとくることが多い

イライラしていると集中力がなくなります。イライラすることに意識を取られることで凡ミスをおかし、更にイライラしてしまいがちです。

この場合は自分に合ったストレス解消法をいくつか身に着けることです。

その場でできる解消法から休みのときに行う解消法まで色々用意しましょう。

おすすめは・・・『背伸び』です。

両手を上にぐーっと上に伸ばしてみてください。すっきりした気分になりませんか?
ストレスはあばらにたまるそうです。

大事なのでもう一度・・・

ろんろん

ストレスはあばらに溜まるので、背伸びをしましょう。

④【攻撃性がある】モノを壊したり、他人を傷つけたり、自分を傷つける

他人を傷つけるのは暴力だけではなく言葉でもですよね。

言葉の暴力も人の心に、一生の傷をつけてしまう場合もあるので注意が必要です。

自分を傷つける行為は、自分が悪いと思いすぎて胃潰瘍になる人、体を傷つける人、髪や眉毛を抜いてしまうという自傷行為になります。

物を壊すのはコップを投げたり、かべに穴をあけたりとか・・・。

この4つの怒りが多いと人間関係が困難になります。

自分はこの傾向がどれほどあるか、一度見直してほしいと思います。

6秒の衝動コントロール

怒りの爆発力は長くて6秒です。

衝動的になる時間がわずか6秒なので、ここを乗り越える事さえできれば脳が考える力を出すので怒りに身を任せる事なく自分をコントロールする事ができる『アンガーマネジメント』なのです。

怒りの点数を計ってみる

ろんろん

今のイライラ点数をつけるとしたら何点?

10点満点中、怒りを感じた時の点数をつけてみましょう。

なぜなら怒りというのは、目には見えないもの。

なので自分で点数をつけて客観的に見る事が、自分が何に対して怒りの点数が高いかを把握する事ができます。

続けていくと不思議な事にこの点数が下がってきて、自分の怒りがコントロールしやすくなる事こそが『アンガーマネジメント』なのです。

ろんろん

風邪をひいて熱がある時に、(熱がある)より『38.5度ある』と言った方がわかりますよね?

怒りの連鎖をアンガーマネジメントで断ち切ろう

こうあるべきと頭ごなしに思う事をやめ、落ち着く言葉を頭の中で何回も繰り返しましょう。

行動はすぐ変えられるけど、感情はすぐには変えられない

まずは6秒ルールを『自分ルール』にして、思い出したら何回もしょうがないと頭で連呼しよう。

すぐには人は変わらないですが、自分を少しずつでもコントロールできるようになりましょう。

自分の事は自分が一番の理解者であると認識しましょう。

全ての人が自分の感情に責任を持てれば、怒りの連鎖を断ち切ることができると、私は信じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました