イライラした時の選択肢を増やす方法【心に余裕を持ち続ける】

イライラした時の選択肢を増やす方法【心に余裕を持ち続ける】

現代はテクノロジーが発達し物にあふれ、感情の表現が薄れつつあります。

わかりやすく説明すると、スマホでニコニコの絵文字を無表情で送信できたり、絵文字1つで会話できたりと自分で感情を表現する機会が減ってきていますよね?

 
ろんろん
絵文字はニコニコしていますが、それを打っているあなたの表情は・・・?



それが、語彙力ごいりょくの低下や感情表現の低下につながっています。

感情表現が下手になればなるほど自分の気持ちを相手に上手く伝えられず、結果突然キレたり叫んだり、イライラとした怒りの感情をコントロールできず他人を攻撃したり、自分を傷付けてしまったり・・・。

コミュニケーションツールが発達した代償に、感情のコントロールが難しくなってきてる時代なのかもしれません。

イライラした時の選択肢を増やす方法【心に余裕を持ち続ける】

すぐにイライラするあなたに【怒りの感情の矛先】

誰にでも感情があって、怒りや悲しみがこみ上げてくる事はありますが、イライラの感情を間違った方向に向けてはいけません。


良い感情なら問題はないですが、負の感情の時にそのままイライラをぶつけてもよくなる事はありません。

負の感情に支配されないように、日頃から自分にこう言い聞かせる事が大事です。

 
ろんろん
心穏やかに、謙虚に生きてみましょう。


イライラする事が起きた瞬間(今日のわたしは調子が悪いのかな?)とか、非常識なことをされた時は、その人は『きっとチンパンジーよりの脳なんだな。』っと自分に言い聞かせてみたり、負の感情はできるだけすぐに流しましょう。

不安や悩みをそのままにしない

学校や職場でイライラして家に帰っても寝る時間になっても、イライラしたまま感情リセットができないと悩んでいるならこの方法が効果的なので試して下さい。

不安や悩み、イライラすることを一度紙に全部書き出してみて下さい。

文章にならなくてもどんなに汚い感情でも構いません。(誰かに見せるわけでもないので)

不安・悩み・イライラすることを書き出すと自分がどんな悩みを抱いているかを正確に把握する事ができるようになります。

そして、それは今考えて解決するのかどうか?を考えてみてください。

今考えても何も始まらない事に労力を使うのは、ストレスと疲労が蓄積するだけで何も解決しません。

なので紙に書き出してみて自分の思いを第三者の目線で確認しましょう。

本当に今考え悩む事なのかどうかを見極めるのです。

■関連記事はコチラをクリック⇩
思考能力を身につける方法

心に余裕を持つと楽になる

結論ですが・・・

・人生を暗く過ごす人は選択肢が少ない

・選択肢が増える事を知らない

例えば、職場で壁や悩みが出てきたら選択肢をいくつ持てるか考えてみましょう。

・上司に相談する

・社長に相談する

・部下に相談する


・違う部署に異動する


・残業してスキル上げる


・家でスキル上げる


・会社を辞める


・転職する

さらに、職場だけではなく学校や全ての複数の人で集まる場所に対して言えますが、まずは自分の事をもっと好きになり、心穏やかに謙虚に生活してみましょう。

自分を責めない人は他人も責めなくなりますよ。

こうした気持ちで日々過ごしだすと、自分の事を責めなくなり、他人も責めなくなり、選択肢の視野が自然と広がってきますので、ぜひ今日からではなく今から意識してみて下さい。

明日からではダメです。
(やらない言い訳を考えるからです)

 
ろんろん
明日やろうはバカやろう!


今すぐの方が行動に移しやすいですよ。
(1週間に何回かするより、毎日する方が続くのと同じ)

これを【習慣化】する、と言います。

なので、毎日少しでもいいので自分を好きになりましょう。

必ず心にゆとりができますよ。

イライラした時の選択肢を増やす方法【心に余裕を持ち続ける】
最新情報をチェックしよう!