日本経済の先行きは?【日本の未来を考える】

日本経済の先行きは?【日本の未来を考えてみる】

コロナウイルスの影響で日経平均が暴落しました。

さらに、非常事態宣言により経済にストップがかかり、歯止めがきかない状況です。

ここで余談ですが、コロナウイルスってじつは3回目なのご存じですか?

ウイルスが世代交代しているので、呼び方が変わっただけで過去のデータを分析すると約10年の周期で発生しています。

さらにコロナウイルスは、パンデミック(世界的流行)を引き起こしています。

話がそれそうなのでウイルスの話はこの辺で。

世界的な流行で、世界経済も徐々に下振れになりつつあります。

もちろん、日本経済にも大きな影響があります。

それでは、今の日本から見る日本の未来を読み解いていきましょう。

日本経済の先行きは?【日本の未来を考えてみる】

『2019年10月』まで日経平均は基本的に、右肩上がりで好景気と呼ばれていたのご存知ですか?

「景気がいいなぁ」という実感はなかったですよね?

とはいえ、2009年のリーマンショック以降はほぼ右肩上がりです。

日本経済の先行きは?【日本の未来を考える】


そこで、政府は2019年10月に消費税を8%から10%に消費増税を実行しました。

その影響が今回の【GDP】の数値がマイナスで表れました。

■関連記事はコチラをクリック⇩
日本のGDPがマイナスに

それに伴い日経平均も下がり始めました。

そこにコロナウイルスが発生して大暴落しました。

まだ株価は、底値ではない可能性があります。

こんな状況でも、国家公務員のお給料は6年間ずっと上がり続けています。

こんな事では日本経済の先行きは?日本の未来を考える事なんて難しいですよね。

2030年には消費税15%に

2030年には消費税15%に

政府が消費増税の際に出すカードが「IMFが消費税を上げないと国が成り立たないと言ってる!」と言う謎のカード。

どうやら日本政府は、日本国民がツッコんでくれるのか待ってるのかもしれません。

消費税10%でもツッコミが入らず、15%で20%で25%と、どこまでで日本国民からツッコミが入るのか確認しているのかもしれませんね。

消費税の歴史が語ってますよ。

定年60歳から65歳そして・・・70歳に

約2017年から政府は、国民の老後を面倒みきれないから企業がちゃんと守ってね。と言わんばかりに責任を企業に投げました。

その結果、企業も資金繰りに困り将来に不安を抱え、早期希望退職や事実上のリストラを続々と決行してます。

企業も事業を継続させるのに、必死の状況です。

サラリーマンがいきなりリストラされたその後の保証・・・そんなものあるわけないですよね?

待ってるのは絶望と恐怖です。

他に思いつかない。

なので、そうならないためにも日本の政治には関心を持たないといけません。

 
ろんろん
65歳以上を雇うことのできる企業(仕事)ってなんだろ?


ある程度限られてしまいそうですよね・・・

それとは裏腹に政府はお金を自分達の事に使いすぎです。

コロナウイルスが発生してクルーズ客船がって問題がある中で日本の議員は新年会・・・(アルコールでウイルスを除去したかったのかな?)

 
ろんろん
重要なのは政治に関心を持つ事です。

批判をする事ではありません!(笑)

日本の観光客が増えた理由

観光客が多い理由

日本の観光ビジネスは右肩上がりに成長を続けています。

インバウンド(海外からの旅行客)が増えたことにより増収増益になってます。

 
ろんろん
中国の方の『爆買い』なんて言葉がメディアを沸かせました。


以前のように、【メイドインジャパン】がずば抜けて高品質ではなくなってきているのと、日本経済が衰退し物価が下がっているという事なのです。

じゃないと海外からわざわざ日本に爆買いしにこないですよね?

アジア諸国における日本に立ち位置が変化している証拠です。

日本の未来を考える

あなたは日本が好きですか?

もしそうなら政治に関心を持ちましょう。

香港を見ても若者が中心となり政治に声を上げデモまで行っています。

今の日本では・・・残念ながら想像できないですね。

デモがいいと言ってるわけではなく、そんな情熱を持って国民が一致団結する事は、想像できないと言う意味です。

ほとんどの国民が政治に関心を持ってない為に、何か日本に問題が起きても話し合いも行動も全て遅いし、国民はコソコソ聞こえないように陰口ばかりで政府の言いなり・・・

もう少し危機感を持って、行動に移さなければいけない時代に突入しています。

これからも日本に住み続けるのであれば、政治に関心を持って、自分達や未来の子どもたちが住みやすくなる国を目指しましょう。

日本経済の先行きは?【日本の未来を考える】
最新情報をチェックしよう!