嫌な顔をされない質問の方法【疲れない職場での付き合い方その2】

嫌な顔をされない質問の方法【疲れない職場での付き合い方その2】ストレス
ろんろん

【社会人必見!コミュニケーション能力を身につける方法】
第6弾!


今日は無理をしない、疲れない職場での付き合い方その2をお話します。


新しい職場ではわからないことが多く、毎日何度も上司や先輩に質問をすると思います。


大抵の先輩・上司は快く教えてくれるでしょうが、中には

「前にも言ったよね?」

など、イライラした様子だったり、嫌な顔で対応してくる人も居ます。


優しい先輩であっても、事あるたびに質問されてはくたびれます。


それはもしかしたら知らない間にタブーな行動をしているかもしれません。


きっと事あるごとに質問をしてしまう人は、『間違えたら嫌だなぁ』と思って間違える前に質問をしているんでしょうが、質問のしすぎはあなたにとってもマイナスになります。

スポンサーリンク

質問される側の気持ちも考えよう

先輩や上司もあなたに仕事を教える以外にも自分の仕事があります。


あなたが質問をするとき、相手は仕事の手を止め、あなたに時間を割いているということを覚えておいてください。



そこでなんでもかんでも「わからない」と質問をしていたら、いい気持ちはしません。

一度自分で調べたり、考えてから、それでも上手くいかなかったり、できなかったことを質問しましょう。


「お仕事中失礼します。さっきから説明書を読んでいるんですが、上手くいかなくて・・・」

「どうしたの?」

「両面印刷のコピーをしたいのですが、教えてもらえますか?」


このように質問したら、相手は嫌な気になりません。

丁寧に教えてあげよう、と思うでしょう。


もちろん、はじめから聞いてしまえばすぐに答えもわかるし、相手の割く時間も少なくて済みます。


しかし、職場で人間関係を築いていくうえで、

何でもすぐに質問する後輩



自分で調べてから質問する後輩



とでは好感度が変わってきます。

どんな質問だと嫌な顔をされるか考える

「仕事でのコツを教えてください」


なんてことを言われると、こんなのこっちが知りたいわ!と思いませんか?


この手のすぐに答えを知りたがる質問は、どちらかといえば若手の、新社会人に多く見られます。


このような質問をされると・・・正直がっかりします。


質問をされる側からしたら、楽をしたいだけに感じますし、自分で調べたり、考えたりすることが苦手なのかな?とあなたの評価が下がってしまう恐れもあります。


手軽に始められるお花のある暮らしはコチラ

悩んだうえで質問をしてくる部下はかわいい

人間、マニュアルがあれば完ぺきに仕事ができる、なんてことはありません。


ましてや、新入社員のうちはできないことが前提とされています。

人間関係が構築できていないうちの質問は、効率よりも工夫をしたり、失敗したり、たくさん考えた上で行いましょう。

わからなら、まずは自分で考えてみる事。


これをしたうえで質問をすると、嫌な顔をされることはないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました