クレジットカードのリボ払いちょっと待って!仕組みと注意点を理解しよう

クレジットカードのリボ払いちょっと待って!仕組みと注意点を理解しよう勉強

あなたはクレジットカードを使って買い物をするとき、どんな支払い方法を選択していますか?

支払い方法によっては、あなたはをしているかもしれません。


わたしは「楽天のクレジットカード」使っているのですが、その理由はいたってシンプル。

現金で支払うより、ポイントが付くからお得だよね。

クレジットカードは使いやすい分、危険な落とし穴が2つあります。

・お金を支払ってる感覚が掴みづらい

・リボ払い(分割払い)



わたしの所にもよくリボ払いキャンペーンのお知らせが届くので「利用してる人が多いんだろうな・・・」なんて思いつつ、「なぜ分割払いが受け入れられるのか?」についてくわしく解説します。

キャンペーンやポイント付与の「甘い言葉」でなんとなくリボ払いにしている方は注意が必要です。

カンタンに利用できるリボ払い・・・。

もちろんリボ払いには手数料があるのはご存じですよね・・・?



リボ払いについて、理解できている方も復習と思って確認してみましょう。


リボ払いの仕組みが理解できれば、「なぜ、クレジットカードを勧めてくる店があるのか?」が手に取るようにわかるようになるでしょう。

リボ払いの前にクレジットカードを知っておこう。

スポンサーリンク

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードの支払い方法は大きく分けて3つあります。

一括払い

どんな買い物も翌月には、全額支払う方法

クレジットカードの一括払いは手数料がかからない。

多くの取引きが一括払いですね。

分割払い(2回とか5回で完済というように回数を決めて支払う)

自分で支払い回数を決めれる方法

ほとんどのクレジットカード会社が、支払い回数が2回を超える場合は手数料が発生する。

後から回数を変更できない。

手数料が発生しないなら、2回で支払うのも大丈夫ですね。

 

リボルビング払い(略してリボ払い)

毎月の支払い額が一定にできる方法

毎月の支払い額は少ないが、毎月手数料が発生する。

出てきました。

注意が必要なリボ払いです。

リボ払いの仕組みとは?

リボ払いは、毎月一定の金額と手数料を支払っていく方法です。

つまりは、リボ払いにすると高価なモノを買ったとしても、毎月の支払いを一定にできるのです。

先にどうしても言いたいので・・・言わせて下さい!

リボ払いに手数料・・・

名前変えただけで、しっかりとした借金だぁー!!


さらに、リボ払いには【定額方式】と【残高スライド方式】があります。

さっそく、この2つの仕組みを理解しましょう。

定額方式

リボ払いの仕組みとは?

支払い残高に関係なく「毎月一定金額を支払う」仕組みです。

5万円の商品を購入するのに、毎月5,000円支払うリボ払いに設定にしていれば、月々5,000円に手数料を加えた金額で済みます。

毎月の支払いを少なく設定すれば、その分支払う期間が長くなります。

毎月の支払いを多く設定すれば、その分支払う期間が短くなります。

毎月の支払いを少なく設定して、支払う期間が長くなればなるほど手数料を多く支払うハメになります。

残高スライド方式

残高スライド方式

「支払い残高に応じて決められた金額を支払う」方式です。

例えば、5万円以内であればリボ払いで、月々3,000円と手数料です。

まだ支払い残高が残っているのに、買い物をした際またリボ払いにしたら、支払い残高の合計で月々の支払いと手数料が変更されます。

支払い残高が10万円になってしまったら月々の支払いは、5,000円と手数料といった形になります。

知らずに消費税の10%より手数料を払っている・・・

リボ払いでの注意点【ポイント付与に釣られるな】

支払いをリボ払いにすると、ポイントが付いたりキャッシュバックキャンペーンや年会費の優遇など特典が満載ですが・・・

甘い話には必ず裏があります。

ピンとこない方はこちらを読んでみよう⇩

「なぜ、そんなにも優遇されるのか?」

結論ですが、リボ払いには手数料がかかるためです。

お得に釣られて「せっかくだしとりあえずリボ払いに・・・」なんてしてしまうと、キャンペーンのポイント付与や優遇以上に手数料を支払うことになります。

リボ払いにメリットはあるのか?

どうしても、

・まとまったお金が貯めれない

・急な出費が不安で貯金しておきたい


毎月の支払いを、強制的に一定にすることができます。

毎月の支出を一定にすることで、家計の管理をしやすくできるのかもしれませんね。

ハッキリ言います。

収入と支出が把握できないのは、ダメです。

いつまで経ってもお金が貯まることなく、一生お金に苦しむでしょう。

自分に入ってくるお金と出ていくお金が把握できない状態で、リボ払いするなんて危険です。

【重要】リボ払いのデメリット

【重要】リボ払いのデメリット

別にリボ払いが悪いわけではないですが、安易に設定するのは危険です。

¥100の手数料を甘くみるな

大まかに例えるなら【リボ払い≒借金】です。

・借金には利息(金利)といって、借りた分の数%を借りた側に払う必要があります。

・リボ払いには返すまでの間、借りた側に手数料を払う必要があります。

クレジットカード会社にもよりますが、実質の年率がどこも15%前後に設定されています。

現在の消費税が10%なのでそれより高いね。

お金を使っている感覚が掴みずらい

ある程度なら、いくら使っても支払額が一定のリボ払いは、「モノの値段」や「手数料を含めた総額」が把握しずらい傾向にあります。

ここで重要なのが、例えば「2年間のリボ払いした時の手数料を含めた総額を把握してるか?」どうかです。

この計算が「めんどくさい・できない」人が、カードローン地獄にハマっていくのです。

この小さな手数料から【多重債務者】になってしまうのです。

モノに溢れた時代だからこそ、気をつけて。

若者の多重債務者が急増中

現代は気軽にリボ払いができ、カジュアルに借金ができる時代になりました。

毎月の「定額払い」という言葉に注意しましょう。

あのメルカリも「メルペイスマート払い」という名のリボ払い(定額払い)を全国のメルペイ加盟店で支払いを後からできるサービスを開始しました。

便利なのですが、年率15%の手数料を支払う事を理解してください。

その支払い、リボ払いにする理由がありますか?

リボ払いの仕組みをご理解いただけましたか?

無料や甘い言葉には必ず裏がある

・安い手数料

・手軽にできるカードローン

・ポイント還元の甘い言葉

・今だけ年会費無料の甘い言葉

・今だけ事務手数料無料の甘い言葉


モノを買うのに手数料を払って購入するなんて、わたしには信じられません。


多くの方は、「自分の寿命と引き換えに仕事をしてお金を稼いでますよね?」

そうですよね?

寿命って自分の命のことですよね?

つまりは・・・

寿命=時間です。

会社員の方なら、【1日・8時間】働いてお給料を受け取ります。

【1日・8時間】という自分の寿命を使ってお給料を受け取ります。

なので、「たかが手数料・・・」されど手数料です。

あいまいな知識で、でたらめな行動をするのはやめましょう。

お金の管理がしにくい方はクレジットカード以外の選択肢も

デビットカードをご存知ですか?

デビットカードは「カードローン」を組めないので、お金の管理が苦手な方にはうってつけですね。

銀行口座にある残高分でやりくりするモノです。

さらに、プリペイドカードやLINEペイなど先にお金をチャージして買い物するシステムでもポイント還元やクーポンなど特典もあるので、こちらを検討してみましょう。

自分がムリなく損をしない生活を続けていけば、資産は少しずつ増えていくでしょう。

ムダな出費やなんとなく払ってるモノ・めんどくさがらずに1度調べてみましょう。

自分の収入と支出を把握すれば、お金に対して知識が自然と身につきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました