イビキの改善法と物理的な予防方法

イビキの改善法と物理的な予防方法

お友達や恋人とお泊り・・・。

嬉しいけど、心配なのが『イビキ』ですよね。

ちょっとのイビキなら笑って流してもらえるだろうけど、相手の睡眠を妨害してしまうレベルだと今後の関係に影響を与えかねません。

そしてイビキはあなたの健康面にも美容面にも悪影響を及ぼします。

口呼吸は喉の乾燥・細菌が侵入する。口回りの筋肉が緩むことで2重アゴになりやすいというデメリットしかありません。

  • イビキを指摘されたことがある
  • 朝起きると喉が張り付く感覚がする
  • 寝起きが悪い

これらに思い当たるフシがある人は、これから紹介する『イビキの原因・改善法・物理的な予防法』を要チェックです。

イビキの原因・改善法

イビキの主な原因は3つ

  • 鼻づまり
  • 太り気味
  • アゴが小さい

鼻づまりによるイビキ

鼻が詰まっていると口呼吸になるのでイビキが出やすくなります。

鼻詰まりを改善したら解決するので、耳鼻科に通うなり、薬を飲むなり対処しましょう。

急な鼻づまりを薬なしで解決したい場合はこちらをご覧ください。⇩
2月3月が花粉症のピーク!薬の違いとは

太り気味によるイビキ

体に脂肪がつきすぎると、喉の気道がふさがりイビキの原因になります。

 
ろんろん
試しにアゴを下引いたまま口呼吸してみてください。

イビキのような呼吸しかできなくなります。

この場合は地道にダイエットをしていくしかありません。

毎日の食事の改善・軽い運動から始めてイビキを改善していきましょう。

アゴが小さいことによるイビキ

アゴが小さい人は喉の気道が狭く、イビキをかきやすくなります。

アゴは食事でよく噛むことで発達すると言われていますが、現代人は噛む力が衰えていて日本人は特にアゴが小さいと言われています。

 
ろんろん
これが日本人にイビキをかく人が多い理由。

アゴが小さいことによるイビキはすぐに解決することはできません。

この場合、物理的なイビキの予防法が必要になります。

イビキの物理的な予防法

肥満・アゴが小さいことによるイビキは一瞬で解決・・・といきません。

『今日は絶対にイビキをかけない・・・!』

そんな日は物理的にイビキを解消しましょう。

口を開いて寝ることでイビキをかいてしまうので、口が開かないようにするのです。

イビキ防止グッズとして口呼吸防止テープなどがCMで見られますが、わたしのオススメは口呼吸を防止するベルトです。

Amazonで口呼吸防止ベルトを見る

口呼吸防止ベルトは『1つのアイテムで3つ効果』を得られます。

  • 口呼吸予防
  • いびきの防止
  • 小顔矯正

口呼吸防止ベルトをつけると物理的に口が閉じ、口呼吸予防とイビキの防止になります。

それだけではなく、「ニコッ」と口角を上げてからベルトを付けることで表情筋が持ち上がり、小顔効果が。

イビキの物理的な予防法

\口呼吸防止ベルトでイビキ予防/

イビキの応急処置法

イビキ予防グッズがない状態でもできるとりあえずのイビキ予防方法は、『横を向いて寝る』こと。

横を向いて寝ると、あおむけで寝ているときよりも気道の確保がしやすく、イビキのリスクが下がります。

 
ろんろん

とはいえ、寝相が変わればイビキが出るかもしれないけど・・・。

とりあえずの応急処置方法です。

口呼吸を防止し、イビキ対策をすることで睡眠の質がアップします。

イビキを予防し、質のいい睡眠を摂って爽快な朝を迎えてみませんか?



■関連記事はこちら
ゆいP実践!寝ているときに口呼吸しないための対策法とは?〇〇マスクで寝起きの口臭を無臭化【この差って何ですか?】

イビキの改善法と物理的な予防方法
最新情報をチェックしよう!