求人情報で就活を成功させる方法

求人情報で就活を成功させる方法

段々と寒さが厳しくなってきた季節になりましたね。

寒さが厳しくなってくると、【転職率も上がる傾向】にあります。

 
ろんろん
本当です。

さらに、理由があるのです。

求人情報で就活を成功させる方法

「マリッジブルーは聞いた事ありますよね?」いざ結婚するとなると、いろいろ悩みが出てきて心が病んでしまうことです。

それと同じ内容で、【ウインターブルー】と言われる言葉があるのですが、これは寒くなってくると、気持ちが晴れず心が病んでしまうことです。

そんな寒さが身に染みる頃に、『転職』が頭によぎったあなた、

または『転職』を決意した時、どのように転職活動を進めますか?



まだの方も現在進行中の方もこの記事を読んで、求人情報で就活を成功させるために必要なポイントを解説します。

それとハローワークや転職エージェントなど、利用する際の注意点も簡単に説明いれてます。

ハローワークの求人情報で就活するのが王道

一昔前はハローワークか友人などの紹介でしか転職活動はできなかったのですが、現在は転職サイトや転職エージェントの利用でスマホ1つで検索もできます。

さらに、今ではSNSからの就職、転職もあります。

わたしは『ハローワーク』と【転職エージェント】を使ってみましたが、転職エージェントはあまり良いと思わなかったので、これから転職エージェントを使おうとしている方の参考になればと思います。

 
ろんろん
たまたまわたしが登録した転職エージェントが悪かったのかもしれませんが、全ての転職エージェントがダメとは言ってませんよ。

転職エージェントの名のもとに

ネーミングセンス抜群ですよね。

転職エージェントと聞くだけで「何かすごい!」みたいな雰囲気が出てます。

とはいえ、それぞれ得意分野があると言う事をまずは把握しておくべきです。


例えばIT企業が得意だったり、不動産関係が得意だったりと一概に全てに精通しているわけではありません。

あとエージェントと言ってもネットで調べた程度の知識しかない職員が多いのも事実です。

なぜならわたしが担当になった方は、特に内容を深堀りしてもよくわかっていなかったですし、なんなら(それぐらい私でも知っている)とツッコミをいれそうになりました。

なので、あなたの今の職種を理解し、その業界に精通しているエージェントが担当でなければこれといってメリットはないです。

登録や面談で時間だけが取られる、デメリットがあります。





ほとんどの転職エージェントは、こちらから担当者を指名する事はできないのです。

そもそも登録して、電話面談する時に事前に担当者を指名なんてできないですよね?

面談後に担当者変更してほしい」なんて・・・なかなか言えたものじゃない。



ましてや勇気を振り絞って言ったとしても、次の担当者がいいかどうかの保証もなければそんなのババ抜きと同じですよ。

つまるところ、【時間と労力の無駄遣い】になってしまいます。

転職エージェントも人間です

転職エージェントも人間です

どのような転職エージェントがいいか要望を出すこと。

エージェントと言う名前だけで何か資格を持っていて、あたかも特別なスキルがあるような・・・まるで専門家のように聞こえますがそんなことはありません。

人材紹介の会社に就職して、少し研修をしたら【転職エージェント】の出来上がり。


ごく一部でキャリアコンサルタントの資格がある人もいますが、ほとんど持ってないし、なんなら資格持ってたからどうなんだ?ぐらいですよ。

では実際登録すると、高確率で事務的な対応をされます。

学歴で求人を探し出してみたり、こちらの話をあまり聞こうとしない。

挙句は全然希望とは違う条件の求人を出す。


そもそも紹介で転職が成約すれば、転職エージェント側に紹介料が発生するので、ついその事に意識がいってしまいがちなのです。

カンタンに言うとそれが、【ビジネス】だからです。

転職するならどうすればいいか

わたしの経験ですが、

基本的には近くの『ハローワーク』に出向き、いろいろ聞いた方が早いですし、行った事のない人は行ってみた方がいいです。

最初にハローワークに登録して、あとは検索開始ですが・・・カンタンです。


わからない事は受け付けで、いろいろ聞いたら答えてくれますし、お金や税についても確認がとれます。

その後、ハローワーク内のPCで検索するだけです。

自宅でも検索は可能です。

1週間事や1ヶ月単位で求人も変わるので、定期的に見てると希望に合う(近い)のが見つかるはずです。

さらに、検索していたらいろいろわかる事も増えますよ。

同じ企業の名前がいつものっているとか・・・

すぐにまた募集がかかってるだとか・・・

業界の平均給与とか・・・
今後の人生でかなり大事な事なので意識しましょう

平均就業時間とか・・・




その後、転職サイトなどで検索をかけると大体わかってくると思います。


転職サイトもそこそこ大げさや若干ウソを記載しているので、面接でよく確認して下さい!

入社してみたら全然違うなんて事ざらにありますよ。


それが納得できずに、また転職なんて事もよく聞きます。




面接はお互いの認識のすり合わせですので、遠慮することなく聞いた方がどちらにとってもメリットなのです。

 
ろんろん
ここ重要なので・・・

面接で根掘り葉掘り聞いた方がお互いにメッリットしかないのです。



あなたも入社して、またすぐ転職活動は、正直めんどくさいですよね?


会社側も入ってきてすぐ辞められたら、受け入れ態勢をまた整えないといけないのでかなり大変なのです。

転職サイトに書いてる事とちょっとどころじゃなく違う!なんてけっこうあります。

「実は前から気になってた企業がある・・・」なんて人は思い切ってその会社のホームページにアクセスしたり、電話かメールで募集かけてるか直接聞いてみてもいいですね。

意外と反応よかったりしますよ。

勇気いるかもしれませんが、自分の為になる事は積極的にしていきたいですね。

もしダメでも恥ずかしい事なんてなにもないし、命がなくなるわけではない。



失敗しないかで、悩んだあげくやらない理由ばかり考えて、【やらないという選択をする方が失敗】だと思います。

 
ろんろん
ちなみに私は3社ほどしましたよ。

最初の1社は、それはそれは送ろうか、やめとこうかで悩んだし緊張しましたね・・・その後は慣れたもので全然平気でした。



どのような問題に対しても、最終判断はあなたがするという事を意識していると、自然と言い訳も少なくなり自分で行動できるようになります。

転職するなら自分で決めてみて、その後のビジネスライフを楽しんで下さい。

■業界など仕事に関する記事です⇩
【転職で失敗したくない方必見】転職の最適な方法

求人情報で就活を成功させる方法
最新情報をチェックしよう!