【疲れる・疲れやすい】疲れにくい体になるには?

スポンサーリンク
疲れにくい方法は?【疲れない体作り】美容と健康
ねこむ

疲れない方法ってある?寝ても覚めても疲れがとれないよ・・・

ろんろん

睡眠も大事だけど、疲れない体にしないと、どれだけ寝ても同じだよ。

ねこむ

むむむ・・・疲れをなくすより、疲れない体にするのね?

ろんろん

そうだよ。

せっかく寝ても疲れを癒すことができないと次の日が大変。

なので、疲れにくい体作りを始めてみよう。

・朝なかなか起きることができない

・たっぷり睡眠をとったはずなのに体がだるい

・いくら休んでも疲れが取れない

寝起きからしんどい・・なんて経験はありませんか?

目覚まし時計をかけることなく朝スッキリと目が覚める、なんて生活を送ることができたら理想ですよね。


あの有名なスタンフォード大学が、疲れない体になる方法を発信しているので、詳しく解説していきますね。

わたしもすぐ取り入れて、疲れが次の日には必ず取れてる。

毎朝が最高で、毎日が楽しくなりました!

スポンサーリンク

疲れにくい方法は?【疲れない体作り】

疲れにくくするポイントは、たった2つだけです。

・冷温浴をする

・睡眠時間を6~7時間は確保する

それぞれ詳しく解説していきますね。

スタンフォード大学式【疲れにくい体作り】



忙しくて睡眠時間が短くなる・・・

毎日体調に気を使った食事・生活を送る・・・というのも難しいですよね。

とはいえ、そうしないとさらに疲れが蓄積し、日常の生産性が落ちていき、負のスパイラルおちいってしまいます。

できれば避けたい自体ですが、毎日気を使って生活することはなかなか続かないと思います。

そこで賢い人たちは考えた!


「そうだ、疲れてもすぐに回復できる体を作ろう

疲れない体になる方法を手に入れることができれば、自分の持っている力を最大限に発揮し続けることができます。

これからお話しするのはこちら、

『スタンフォード式疲れない体』です。

著者は【山田 知生やまだともお】さん。

アメリカ合衆国で世界最強のスポーツ大学とも謳われるスタンフォード大学のアスレチックトレーナーをしている方です。

選手の体調管理やケガからの復帰をサポートする大切な立場を担っています。

この本では世界トップレベルの科学的知見とスタンフォード局が選手に実践させている最新の回復法に沿った疲労予防・回復のメソッドについて話しています。

今回は本の中で、もっともわたしが実践し続けることができた。

毎日最高の状態で過ごせる体になるための方法を2つ紹介していきます。

飽き性のわたしが続いてるので、きっとあなたも大丈夫。

睡眠時間


毎日必ず6~7時間寝ましょう。


脳や神経の疲労、体や筋肉の疲労そのどちらもしっかり回復するには最低でも6~7時間の睡眠が必要です。

これ以上短いと十分な回復が望めません。


逆算して寝る時間を決める生活を身につけましょう。

質の良い睡眠をとろう

質のよい睡眠を得るには体を温めすぎないことが重要です。

その為には入浴は布団にはいる90分前までに済ませましょう。

6時半に起きるとしたら22時までにお風呂に入りましょう。

そうすることで体の芯の体温が下がって寝つきが良くなります。

入浴法

スタンフォード大学の疲労回復メニューの1つに冷水と温水につかる冷温浴というものがあります。

脳と体へのダメージを解消するのに効果的です。

冷たい水と温かいお湯を交互につかることで、血管の収縮と拡張が交互に繰り返され血流がよくなります。

血流が改善されれば疲労したり傷ついた筋肉に、より多くの栄養が運ばれ、早い回復が期待できるのです。



また温めたり冷やしたりを繰り返すことで全身がリラックスしたり、ストレスによる脳の疲れを軽減し、自律神経のバランスを改善する効果があります。

入浴は12分ぐらいに収めてください。

そうすることで入浴疲労が防げます。

入浴疲労って?

湯舟に長くつかり過ぎることで逆に疲労がたまってしまいます。


疲労がたまるだけではなく、長くつかることによって体から油分がなくなり、

乾燥肌になってしまうという大きなデメリットもあるので

寒い時期なのでゆっくり湯舟につかりたいところですが、

長時間、湯舟につかるのは避けましょう。

汗によって失われる水分は入浴後にキチンと補給するようにしましょう。

是非この方法を試してみてあなたも疲れない体を手に入れましょう!

ちなみにわたしもこの入浴方を実践中です。

ろんろん

今のところ風邪の症状や体調不良が全くないです。



継続は力なり・・この場合は継続は癒しなりですね。

自分の体の管理ぐらいは、意識していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました