休日を無駄にしない時間の過ごし方

スポンサーリンク
休日を無駄にしない時間の過ごし方スキルアップ
ろんろん

あなたはもうお正月休みに入りましたか?

『正月休みをついつい無駄に過ごしてしまいがち・・・』

もし今ゴロゴロしてるだけの方は、今から変わる時ですよ。

長い休みが気づいたらもう終わり。

それはただ「休日の使い方を知らないだけ」です。

休みって「休めば休むほどいい」と思っていませんか?

休みの使い方をわかってない方が長い休みに入ると、だらけて終わり。

逆に休み疲れするかも・・・



だらだらと休日を過ごした後だと仕事に戻るのが面倒くさくなり、仕事に対するモチベーションが上がりません。

せっかくの休みが・・・ガーン。





そうならない為に休みを有効に過ごすため、この記事を読んで行動してみましょう。

スポンサーリンク

休日をムダに過ごしてしまいがち

正月休みはサラリーマンがまとまった休みを取れる数少ない日です。

とはいえ、ほとんどの方が無駄に休みを消費し、時間だけではなく様々なモノを無駄にしてしまっています。

例えば、
正月中に酒の飲みすぎ・ゴロゴロ三昧で生活リズムが崩れてしまう。

それによってリセットするはずの休みで、正月疲れを感じる・・・

かえって体調を悪くしてしまう状態に・・・。

心当たりはありませんか?

大丈夫ですか?

わたしはめっちゃあります(笑)




なので、後悔しない休日の過ごし方を解説します。

休日にするといい3つのポイント

休日にするといい3つのポイント

今までしたことがないような、【新しい行動を起こすこと】です。

・行動をすると創造性が上がり

・感情のコントロールができるようになってメンタルが安定する

・さらにコミュニケーション能力が高まります。





新しい行動を1つやるだけで、とてもいい影響を与えます。


体を休ませるために、休日はいつも同じようなことをして過ごしていませんか?

休んでいるつもりなのにリフレッシュしたと感じなかったり、もっと疲れたり・・・。

いつもと同じようなことをしないために羽目を外して遊んでみる・・・

ではなく、新しいことを始めるといいでしょう。

こんなことから始めてみませんか

「新しいことって具体的にどういうことか?」というと、

未知の体験をしたり、少し不安を感じるような新しい体験をするのがポイントです。

いつもはここのラーメンは豚骨しか食べないけど今日は味噌にしてみよう!

ではなく、今まで行ったことのない場所に行ってみよう。

海外旅行とか初めての国に行ったときのような感情、ちょっと不安を感じるような体験をするといいと研究で示されています。

なので、もし旅行に行くなら、パッケージのツアー旅行ではなく、ホテルや飛行機を自分で手配してみてください。

その方が、新しい体験ができるからです。

他にも・・・

・毎年初売りのバーゲンに行っている人は行ったことのない店へ。

・一緒に食事をしたことがない人を誘ってみる。

・挨拶くらいしかしたことない人に話しかけてみる。

少し勇気はいりますが、できそうなことからチャレンジしてみてください。

創造力が上がる

シンガポールで行われた実験によると、

創造性が高い人ほど異文化に触れた経験があったり、海外に友達がいたり、他の言語の勉強をしている人が多かったのです。

自国と違う文化に触れる人は学歴や収入に関係なく、オリジナリティのあるアイデアを持つ確率が高いことがわかりました。

感情のコントロールがうまくなる

ある研究で約450人の男女にアンケート調査を行いました。

その内容は、

・海外に行ったことがあるか?

・異文化交流を行ったことがあるか?


そのデータをもとに回帰分析した結果が、

行ったことのない土地・国に行く人ほど【集中力があって自分の感情をコントロールするのが上手い】ことがわかりました。

海外旅行など行ったことがないところに行くと、「自制心を鍛えられる」のです。

怒りをぶつけてしまったり、空気が読めないことを言う確率は低く、場面場面に合った感情表現や言葉を使いこなすのが上手いという結果が出ています。

行ったことがない、言語が違う国に行ったら不便に感じます。

ろんろん

わたしは仕事で、シンガポール・マレーシア・タイ・中国・韓国に何回か行きました。

言葉の壁を感じて、なんて自分はちっぽけなんだと痛感しました。

すごく悔しい思い・苦い思いをしました。

それでも海外にいる間は、言いたいことが上手く伝えられなくても、不安を感じてもネガティブな感情を受け入れてコミュニケーションをとる必要があります。

なので、【自然と自己コントロール能力が高まる】ということです。


日本人のコンビニ店員がレジでもたついているとイラっとするけど、まだまだ日本語に不慣れな感じの外国人がレジ店員だと同じような感情をもちますか?

たまに、実家に帰ったらゴロゴロするけど、会社で同じようにゴロゴロなんてしませんよね。

要は、状況によって人間の行動は変わっていきます。

コミュニケーション能力が上がる

コミュニケーション能力が上がる

コミュニケーション能力とは、共感能力】のことです。

『相手の感情を察知する力』です。

行ったことがない国や場所に行く人ほど、共感能力が高まると中国の研究で判明しています。

中国の実験で、新しい国や町に旅行に行く前後で、対人能力にどれくらい違いが出るかを調査しました。

すると、休みの日に旅行に出かけた人はそうでない人に比べて見知らぬ人、初対面の人にも心を開く確率が高いことがわかりました。

仕事の場では時に面倒くさい人とも、仕事をしないといけない時ってありますよね。

面倒くさい人に余計なことを言うと・・・「余計面倒くさくなる・・・」

あるあるです。



『馬鹿を相手にするな』という言葉がありますが、そんな人はスルーするしかありません。


でも「スルーできない・・」正面から受け止めてストレスを抱える方も多くみられます。

そんな人に対しても忍耐力、【スルースキル】が身に付きます。

わたしも仕事で海外に行くことがありますが、カタコトながらも現地の言葉で色々触れ合ってから、日本に帰ってくると「あれ?人に優しくできるな」って思ったことがあります。

これは、【共感能力が上がって相手の気持ちを量れる】からだろうなと思います。

【コミュニケーション能力】が上がったということです。

また海外に行く人ほど性別・年齢・人種による偏見を持つ人も少ない・乗り越えやすいという傾向があります。

休みは好き!だけど本当は・・・

「あなたは休みは好きですか?」

わたしは大好きです!!




とはいえ、一週間で一番幸せと感じるのは休日じゃないんです。

何曜日だと思いますか?

ではシンキングタイムスターティン!

チッチッチッチッチ・・・・・

休みは好き!だけど本当は・・・

正解は・・・

一番幸せに感じるのは金曜日の午後でした~!

意外と休日はわたしたちに幸福感を与えてくれません。

「えっ?」と思うかもしれませんが、金曜日の午後は『仕事(授業)が終わると休みが待ってる!』という期待感で幸福感を感じます。

休みに入る土曜日になるとだんだん下がってきて、日曜日の夜から月曜日の午前中にかけては最悪の状態になります。

わたしも小学生の頃、サ〇エさんがテレビで流れると『明日からまた学校・・』と憂鬱になりました。

ブルーマンデーとも呼ばれています。

わたしたちは楽しいことが待っている時に幸福を感じるのです。

例えば、

・遠足のおやつを買いに行く時に遠足の用意をしている時

・どこに行こうか?旅行の計画を立てている時

・商品が届くまでの待ち時間

・商品を箱から空ける瞬間


人間は期待しているときが一番楽しく感じます。

休日は意外と幸福度を高める役には立ちません。

休日の概念を外すのがカギ

休日には行ったことのない場所に行ってみる。

やったことのないことをやってみる。

話したことがない人と話してみる。



そうすることで、休日を有意義に過ごすことができます。

ポイントは「これをやったら何が起こるかわからない」
という少し不安になるような行動。

ここに行くと誰がいるかわからない、という所に行ってみる。

そのうえで自分が何かをこなすことができた・成長したぞと感じられることだと尚よいです。

旅行に行くなら行ったことがない場所へ。


自転車なら通ったことない、ここに入るとどこに着くんだろうと思う道へ

Googleマップを開いてみて、行ったことのない場所へドライブなど・・・


このお正月に今までしたことのない行動を起こしてみて、正月休みを無駄にせずモチベーションを上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました